2017年3月19日日曜日

書評「エネルギーデジタル化の未来」

昨日、家の近所の丸善に行って何冊か本を買って来ました。そのうちの一冊が「エネルギーデジタル化の未来」江田健二著です。
色々な電力ビジネスの未来を俯瞰的に取り上げています。ただ、内容は紹介程度で、細かい説明はありません。何故その技術なのかの説明が不足しているように感じました。じっくり読んで二時間位でした。
この本をインデックスにして、細かいところは自分で調べるといったところでしょうか。
1200円は、少し高い気がします。


専門的な話なら、こちらがおすすめです。


2016年12月4日日曜日

ubuntuメモ ランチャーを左から下へ

ubuntu 16.04をメインに使っていますが、ランチャーが左なので、下に(WindowsやMacのように)変更したいと思いました。

検索してみると、参考になるのは以下のURL
Ubuntu 16.04 LTS のランチャーを横に寝かせる - Qiita

dconf-editor をインストールすれば簡単なようですので、シェルから

$ sudo apt install dconf-editor

を実行しツールをインストール。
アプリケーションから、

dconfエディター

を実行。
参照元にあるように、

[com]>[canonical]>[unity]>[launcher]

を開き、

[launcher-position]

の選択から[Bottom]を選択します。
すると、ランチャーが下に移動します。

ついでに、「システム設定」から「外観」を選択。さらに「挙動」タブを選択。
「ワークスペースを有効にする」
「Launcherにデスクトップの表示アイコンを追加」
の2つを有効にしました。

これで少しは、使いやすくなった気がします。




2016年11月12日土曜日

オムロン社のウェルネスリンクサービス終了について~理想とする業界標準サービスへは遠い道のり。。。

オムロン社のウェルネスリンクというサービスを利用していました。
予てより、サービス終了がアナウンスされていましたが、新サービスへの移行パスはなく、今まで使えていた機器はすべて利用不可となることがわかりました。

ウェルネスリンク 重要なお知らせ

スマートフォンでWM(わたしムーヴ)を利用すればデータはアプリに保存されますが、PCでは利用できないし、データを病院などに持っていくパスはありません。

サポートにメールを送って、PCで利用可能にならないのか、それがダメなら各機器のAPIを公開しないのかと問い合わせをしましたが、色よい返事はありませんでした。
PCで利用可能にして欲しいとの要望は、たくさんサポートにも届いているようですが、あまり期待しない方が良い気がしています。

移行パスなしというのは、ユーザー無視だなぁととっても残念に思います。タニタにしようか考えながらもオムロンの機器を買ってきたのに、裏切られた気持ちです。新しい機器に買い替えろ、というオムロンのメッセージなのでしょうが、結構高い機器ですからそう簡単には行きません。2017年12月のいつまで使えるのかも良くわからないため、ちょっとずつ考えていって、1年後にはどこかに移行しないといけないのですが。次は、オムロンは買いたくない気持ちがしています。移行パスぐらい用意しろよと言いたい。

こういった機器の接続プロトコルやAPIなどは、標準化されて、機器とサービスは別々に選べるようになると良いと思います。そうであれば、タニタの体重計とオムロンの活動量計などの組み合わせやEPSONのランニングギアなど組み合わせて使えるのになぁと思うのです。まあ、それには各メーカーの利害がからむでしょうし、世界標準にするには相当の努力が必要ですね。でも、ヘルスケアの世界標準ってどうなっているのでしょうか。

理想とする世界の実現は、とてつもなく遠いし、多分、不可能。

どこで妥協するかですね。

リバースエンジニアリングで、各社の機器をハッキングしたら、訴えられそうなのでやりたくても躊躇してしまいますね。

なさけないねぇ。

2016年9月4日日曜日

Windows10 Anniversary UpdateでbashとWSLを使う

Windows10のAnniversary Updateが公開されているものの、なかなか私のパソコンには適用されませんでした。しかし、bashやubuntuのアプリが使えるとのことを耳にしてこの週末に2台のPCに適用してみました。

参考にしたのは、以下の2つ。

Tech TIPS:Windows 10のLinux/Ubuntu互換環境でbashを使う - @IT

【西川和久の不定期コラム】Windows 10 Anniversary Updateで搭載した「Bash」を使ってみた! ~UbuntuがWindows 10で動く!? - PC Watch

この2つを参考にしたところすんなりと適用完了。

Windowsでは、sedやawkなどのツールが使えなくて、busyboxを使ったりしていましたが、今度はすっきり使える感じでとても良いです。
ここまで、使えるならiPad mini 3をSurface Pro 4に乗り換えようかと思ってしまいます。

しばらくお試しでどこまで使えるか検証したいと思います。

PS.
デスクトップパソコンは、IISが動いていたため、apacheの起動時にエラーが出ました。
IISを止めれば、80portが解放されて無事起動しました。

2016年5月1日日曜日

Microsoft Universal Mobile Keyboard

マイクロソフトのUniversal Mobile Keyboardを購入しました。
iPad miniやAndroidでの文字入力を効率的にしたいなぁと思って予てよりBluetooth Keyboardの購入を計画していたのですが、やっとこさ決めました。
使ってみるとなかなか良いです。カバンの中にも収まりが良いし、キーボードの形状も横長で打ちやすさもまあまあ。ちょっと数字のキーが小さいのが難点ですが、これは慣れで解消する予定です。
こういう買い物をすると、最初は良く使うのですが、そのうち使わなくなることが多いかと思います。しかし、今回は、iPad miniとの組み合わせがとても良いので、相乗効果に期待できそうです。

Microsoftの商品紹介ページ
https://www.microsoft.com/hardware/ja-jp/p/universal-mobile-keyboard

PCWatchのレビュー記事
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/review/20150221_689371.html