2017年3月19日日曜日

書評「エネルギーデジタル化の未来」

昨日、家の近所の丸善に行って何冊か本を買って来ました。そのうちの一冊が「エネルギーデジタル化の未来」江田健二著です。
色々な電力ビジネスの未来を俯瞰的に取り上げています。ただ、内容は紹介程度で、細かい説明はありません。何故その技術なのかの説明が不足しているように感じました。じっくり読んで二時間位でした。
この本をインデックスにして、細かいところは自分で調べるといったところでしょうか。
1200円は、少し高い気がします。


専門的な話なら、こちらがおすすめです。