2015年1月30日金曜日

会うは別れの始め

 今日、また一人、私のグループからメンバーが減りました。
 昨年の1月に私と一緒に、今の職場に来た若者です。私は、異動でしたが、彼は他社からの出向で、知り合いも少ない中に飛び込んできて、元来の人柄の良さと明るさでみんなから可愛がられていました。今回は、出向解除ということで、1年間の福島暮らしを終えたわけですが、とても寂しい気持ちになります。しかしながら、彼はまだ20台も前半。このまま、我々と一緒に仕事をしていくよりも新たな場(ステージ)を得て活躍することが良いと思いました。
 2月1日からは、新たに私たちの職場にいらっしゃる方がたくさんいます。そこにもまた出会いがあり、また、1年あるいは2年過ぎれば別れが待っていることでしょう。いずれは、私もどこかに異動することとなればその時が別れの時です。
 一期一会という言葉がありますが、そういった出会いを大切にして、どこかでまた出会ったときは最初の出会いを大切にしていきたいと思うこの頃です。
 ああ、なんだか年取ってきたのかなぁ。。。

(追伸)
 「会うは別れの始め」とは、昔の上司が良く言っていた言葉です。
 しかし、その上司とは長い付き合いとなり、なかなか「別れ」は来ませんでした。結局、その上司が退職するまで一緒に仕事してました。まあ、それも「別れ」と言えばそうですが。その後も再就職なさった先で付き合いがありますから、そうなると「腐れ縁」とでも申しましょうか?