2014年9月15日月曜日

ダイバーシティ東京

今日は息子と一緒にガンダムフロント東京に行こうかということで出動しました。12時少し過ぎた位にダイバーシティ東京に着きましたが、駐車場は空いていてオープン当初の混雑ぶりは影を潜めた感じでした。
息子はガンダムのプラモデルに夢中でストーリーそのものは今のところあまり興味がないようで、ガンダムフロント東京の有料エリアは行きませんでした。
ガンプラの作品をチラ見してショップへ。ここだけの限定販売品をチェックします。
次は、ガンダムカフェで昼食です。
ガンダムカフェではザクのマグカップと人形焼きを購入。
再度、ガンダムフロント東京のショップへ。かなり時間をかけて物色し、限定販売品をゲットしました。
息子は私にプラモデルを買わせようと盛んに「おとうさんは自信がないから買わないんじゃないの?」と言っています。まあ、本気を出すとプロ並みに凝ってしまうので本気出しませんが(^-^)v
家に帰ってから早速、つや消しスプレーでランナー2つほどスプレーし明日に備えました。息子は上手に作れるでしょうか?

2014年7月19日土曜日

ポケモンザ・ムービー公開日

今日は、3連休初日ということで息子と一緒にポケモンザ・ムービーを見ることに。
それまでの時間、川崎ルフロンのヨドバシカメラまでアーケードゲームをやって、それから映画ということで、昼食はそのルフロンの阿里城で食べました。
息子は五目焼飯、私は担々麺。おいしくいただきました。





 川崎ルフロン|JR川崎駅前 ファッション、雑貨、飲食店街

ぐるなび - 阿里城 川崎ルフロン店

ヨドバシ.com-マルチメディア川崎ルフロン



映画は、東宝シネマズで買った前売り券をネット予約で受け取って鑑賞です。

映画 | ポケットモンスターオフィシャルサイト

ポケモン映画公式サイト「破壊の繭とディアンシー」同時上映「ピカチュウ、これなんのカギ?」

TOHOシネマズ 川崎:上映スケジュール || TOHOシネマズ



映画のあとは、ラゾーナ川崎の丸越で茄子の漬物を購入。息子は、安曇野のティンカーベルが期間限定出店で販売していた親子亀のパンを購入して帰宅しました。



ラゾーナ川崎プラザ

ラゾーナ川崎プラザ | お漬物の丸越

百年、つけもの一心 まるこし

パンとラスク スイーツ 長野県 安曇野 通販

2014年7月11日金曜日

台風の目?

金曜日の夕方、福島から新幹線で東京へ向かっている時、東の空に台風の目と思われる雲が浮かんでいました。なかなか雄大な光景です。すばらしいですね。




2014年6月22日日曜日

岩手駆け足訪問記(下)

22日は、ざっぱ船からスタートです。


ざっぱ船は、こんな感じ。カッパを着てヘルメットを被り乗ります。
カッパの下には、救命胴衣が。

ウミネコがたくさん集まってきます。

青の洞窟です。

ざっぱ船を堪能したあとは、一路釜石へ。釜石ラーメンで昼食とします。
釜石に到着すると、SL銀河が駅に止まっていました。SLの旅も良さそうです。



そして昼食は釜石ラーメン。
駅に隣接するサンフィッシュ釜石で昼食としました。








サンフィッシュ釜石の魚屋さんでお刺身を購入し、ラーメンと一緒に豪華な昼食です。

釜石で昼食の後は、陸前高田の奇跡の一本松を見学です。




6月21日から22日への1泊2日の旅は、このあと福島駅へ戻り無事終了です。
駆け足の旅でしたが盛りだくさんでとてもいろんなことを体験しました。
多くの被災地が頑張っていることを感じた旅でした。
自分たちも福島復興に向けて努力しなくてはと改めて気持ちを引き締めました。

岩手駆け足訪問記(上)

6月21日から22日にかけて、岩手県を訪問しました。
1泊2日ですが、あちこち行ったため駆け足訪問となりました。

21日の朝、7時30分に福島駅集合。高速道路を一路盛岡までわんこぞばを目指して出動です。

盛岡市に到着したのは11時過ぎ。まだ昼食には早い時間なのでわんこそば屋さんもまだ空いていました。しかし到着したのは、予約していたお店ではなく、その本店。そこからまた駅前まで移動してようやく到着です。お店の中は結構人が多く、立地が良い(駅前)ということで混んでいるのでしょうか。

本店

駅前店は、ビルの2階



一緒に行った5人のうち2人がわんこそばに挑戦し、見事100杯クリアでした。おめでとうございます。

わんこそばの後は、一路、龍泉洞へ向かいます。

龍泉洞:トップページ



龍泉洞は、学生時代に一度来ているのですが、すっかり記憶が薄れてしまって、初めて来たのと変わらない状態でした。しかし、以前はもっと賑わっていた印象があるのですが、気のせいでしょうか。

龍泉洞を後にして、次は、三陸鉄道に一区間でもいいから乗ろうと宮古へ。




一区間分の山口台駅まで歩いて、乗りました。三陸鉄道。



この日は、浄土ヶ浜パークホテルに宿泊。おいしい料理に舌鼓を打ちました。



2014年5月17日土曜日

新橋・新正堂で切腹最中購入

新橋に出かけたついでに、新正堂まで切腹最中を買いに行ってきました。


切腹最中の説明書き

切腹最中

切腹最中も良いのですが、今回は豆大福をぜひ買いたいと思って行きました。息子は、どら焼きが食べたいとのことで抹茶味を購入です。

豆大福

豆大福は、とても美味しかった。おすすめの逸品です。

生どら焼き

どら焼きは息子が完食のため、味の評価はできませんが美味しいからこその完食でした。息子の評価も◎です。

その他にもいろんな和菓子があり、特に羊羹は手が伸びそうでしたが、今回は見送りました。次回はまず羊羹から行きたいと思います。

新正堂のお店の説明書き

2014年5月16日金曜日

健康診断のバリウムの行方

木曜日に会社の健康診断がありました。
胃のレントゲン検査がありましたが、昨年はバリウムの下剤が嫌で受診しませんでした。今年もやめようかと思ったのですが、「2年もやらないのは良くないかな」と思い受診しました。

例年なら、検査後に下剤を飲むと数時間でバリウムを含む便が出ていました。ところが今年は朝出るべき昨日の便が出ただけで、5~6時間経ってもバリウムは出ません。そこで2錠目の下剤を服用しました。それでもまったく反応なし。退社する時も「帰り道で便意をもようしたら大変だなぁ」などと思いながら帰宅しました。結局その日はそのまま就寝。

翌日、5時半に目が覚めました。朝から少し便意がありましたが、まだまだ。お腹は張っているような気がするのですが、今一歩。朝食を食べてしばらくするといつものように「きたきたきたー」といらっしゃいました。しかしこれはまだ前日の残りの便。バリウム君はまだです。

そうこうしているうちに、出社時間が近づいてきます。しかして、2回めの便意が。
そして、出ました。「あ、バリウムだ。」と思ったら、その通り。「ボコっ!」という感じで出ました。
「いやー、出社途中でもようさなくてよかった。」と思って、水洗トイレのレバーを引きました。ゴーっと音がして、「バイバイ(^_^)/~」とバリウム君に別れを告げた・・・はずでしたが・・・

流した後を見ると、「ん?あれは?もしかして?」
そうなのです。バリウム君達が便座の水たまりの奥から「オハヨー!!」と呼びかけています。
「なんで?流し漏れ?」などと思い、もう一度流しましたが流れません。

どうやら、私が単身赴任で住んでいるレオパレスの便座は、バリウムの重さを流せるだけの水圧がないようです。もしくは、構造的に流せないようです。しかし、このままにしておくわけにはいきません。これではそのうち詰まってしまうのは自明の理でございます。

「おお。そうだ。これは、コチラ側から取ればいいのだ。!」と閃いた私は、割り箸を取りに。
割り箸と、今日出す予定のゴミ袋を手にした私は、おもむろにバリウム君達の救出を敢行したのであります。しかし、これもまた難関です。元々便座というのは、便が下に落ちやすく出来ています。その便座の奥からバリウム君を救い出して割り箸て摘むというのは至難の業。

試行錯誤の結果、9割は救出しましたが、割り箸だけではダメで素手でも摘み取ったわけです。
しかし、それでも9割。バリウム君は、粘土のような感じでした。

少量残ったバリウム君をどうしようか考えていて閃いたのは、先の「粘土のような感触」です。これはもしかして、「水に溶けるのでは?」と思ったわけです。そして便座洗浄用のブラシでバリウム君の残骸をガシャガシャしてみました。すると、なんと、連中は水に溶けるではありませんか。一気に水で流したところ綺麗さっぱりバイバイしてくれていました。

いやー、ひとまず良かった良かった。

ここまでの格闘時間、およそ30分。朝の忙しい時間に大変なイベントでした。
結果的には、朝、早起きした分、チャラになりました。早起きしてよかった。

得られた経験則は、「バリウムとレオパレスのトイレは鬼門」ということでした。
う~む。バリウムにしろ、トイレの構造にしろ、世の中は奥深いですね。


(追伸)
ネットで検索したらこんな悲惨な方もいらっしゃるようで。
31歳になって盛大にバリウム入りのうんこ漏らした

(追追伸)
下水に流れたバリウムはそのまま下水の汚泥の中に沈んでいるのでしょうか。だとすると、病院の近所の下水管はバリウムまみれなのだろうか。疑問はつきない。

2014年5月4日日曜日

オレカバトルinコナミスタイル東京ミッドタウン店へ出動(2014/05/04)

GWイベント | モンスター烈伝 オレカバトル

息子が予てから行きたいと言っていたオレカバトルのイベントに行ってきました。事前にイベントのサイトを見ると、東京ミッドタウンのコナミのお店である「コナミスタイル東京ミッドタウン店」で開催とあるので「そんなスペースで大丈夫?」と思っていました。

10時からの開催ということで、川崎からは4~50分くらいで到着なので9時出発で出動しました。
東海道線に乗って、品川から都バスで六本木へ。その時点では、余裕を持っていました。

六本木へ到着すると、ミッドタウンまでいい天気の中歩いて行きました。コナミスタイル東京ミッドタウン店の場所は、知っていたので地上から直行すると、あまり多くの人が集まっている感じではなく、「まあ、こんなものかな?」と思って近くにいるコナミの方へ聞いてみると、「ここは物販の列です」と言われ、オレカバトルの列を聞いて移動しました。そこで係の方へ聞くと、「整理券はお持ちですか?」「ありませんけど?」「整理券をお持ちの方をご案内しています。」とのこと。どこで整理券を配っているのかまったくわからず、再度、お店の前に戻って聞いてみると、はるか彼方、地下鉄からの連絡道で配っているではありませんか。「やっぱり地下鉄から来た人を意識してやってるんだな」と気がついた時は遅かった。いつもは車で来るところ、公共交通機関の方がいいだろうと思ったのですが、バスにしたのが運の尽き・・・・・かと思うくらいでした。

整理券を配っている箇所から行列を見たら「ぎょえーーーーーー!!なんじゃこれはーーーーー!!」地下を行く、行く、行く、地上へ出る、出る、出る。やっと行列の最後尾に到着すると、係の方が「ただいま1160人くらいの方がお待ちです。整理券は1000枚のご用意なので、お配りできない可能性もありますのでご了承ください。」と言っています。


子供についてきた親の数を考えると、160枚は誤差だろうと踏んで待ちました。到着が9時35分くらい。行列に並ぶまでのロスタイムは10分くらいで9時50分くらいから並びました。結果して、10時40分くらいに14時40分からの整理券をゲットしました。並んだ皆さんお疲れさまでした。息子も辛抱強く待つことができて、大人になって来たなぁと思いました。

さて、そこからがまた難題。待ち時間は4時間あります。さて、どうしよう。
ひとまず、ちょっと早めの昼食にすることとしました。近くにあったモスバーガーで昼食です。11時20分くらいに入店。ゆっくり食事しました。


さて、それでも時間はまだまだあります。
息子に、「サントリー美術館と六本木ヒルズの展望台があるけど、どっちに行こうか?」と聞くと、息子は、どちらも行きたいと言いましたが、サントリー美術館はミッドタウンなので、先に六本木ヒルズへ行くことにしました。

六本木ヒルズの展望台とスカイデッキに行くことにしました。
海抜250mの東京観光 六本木ヒルズ大展望台 東京シティビュー


まったくの行き当たりばったりだったので、いくらかかるかもどのくらいの待ち時間かもわからず行きましたが、入り口には20分待ちとの表示。チケット売り場は、確かに少し混んでいました。
アンディー・ウォーホール展と、子供展をやっていたのですが、どちらも見たかった。しかし、そこを見たら疲れがそうとう蓄積するだろうと泣く泣く諦めました。チケット売り場で、「大人1枚と子供1枚」というと、ゴールデンウィーク期間中は、子供は無料らしく大人料金だけでOKでした。スカイデッキは子供も有料でしたが、ありがたかった。

展望台を一回り。息子は、六本木ヒルズのペーパークラフトに興味があったみたいですが、今日のところはスルー。そして、スカイデッキへ。今日は、階段を登って上がり、エレベーターで降りるという行程だったのですが、息子は階段の途中で、「もう帰る!!(怒)」と疲れてしまいました。それでも何とかなだめてスカイデッキへ到着すると、「うわーーーーーー!!気持ちいいーーーーー!!」と一気にご機嫌回復です。良かった良かった。




スカイデッキを駆けまわるくらい元気になった息子と、すっかり東京の空を満喫しました。

14時40分までは、結構な時間があったため、六本木ヒルズやミッドタウンの中を休みながら待ち、やっと入場。

ちなみに、コナミの本社がミッドタウンだったとは今日まで知りませんでした(^^;;;
コナミ 商品・サービス | KONAMI

地下1階のエレベーターから2階のコナミの会議室(?)らしきスペースへ案内されると、そこには大勢の親子連れが。待ち時間は2~30分くらいだったでしょうか。やっと念願のオレカバトルです。


会場には、ざっと数えて17台のゲーム機が設置されていてお金を入れることなく無料でバトルできる状態になっていました。

1000名に整理券を配っています。整理券の配布状況からすると、最終入場は16時くらいと思います。すなわち6時間以内にさばく必要があります。1回のゲーム時間を5分とすれば、5000分かかります。6時間ということは、1時間あたり、800分(6時間☓800分=4800分)ぶんを処理しなくてはなりません。すなわち、最低14台以上(60分☓14台=840分)は必要です。余裕を見ると17台というのは、適切な台数なのかもしれません。


息子は、念願の「祟竜ヤマタノオロチ」と対戦し、勝利して、カード化できたことからご満悦でした。途中、「もう待つのやめて帰ろうか」と言っていたのを「ここまで待ったんだから」と励まして目標達成でとても良い一日でした。

東京ミッドタウンからは、帰りは大江戸線で大門へ。浜松町から京浜東北線で川崎まで戻りましたが、運良く座れたのがありがたかったです。

とても充実した一日となりました。
歩数計は、15,000歩くらいで、息子も私も足が痛くなりました。

ああ、ゲームに勝ててよかった(^^;

2014年5月3日土曜日

川崎さいか屋でマダムシンコのマダムブリュレを購入(2014/05/03)

本日、映画に行く前に、川崎市内をあちこち飛び歩いた最後に、「おいしいパンを買ってきて♡」という妻の言葉を思い出し、「それならさいか屋のポンパドールで」と思い、さいか屋へ行きました。
するとこんな看板が。

須賀川へ帰省した際に、このお菓子を食しましたが、妻はお留守番で食べられなかったことから、目にした瞬間、「食べさせてあげたい!!」と思い、急遽購入しました。





プロモーションの技は、すばらしいですね。袋から箱からヒョウ柄が全てに渡っている点も、保冷剤まで。すごいです。
もちろん味もすばらしい。とっても美味しい。



そうそう。このさいか屋さんですが、来年には川崎店が閉店とか。

さいか屋川崎店、来年5月末閉店へ : ジョブサーチ : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

今後、こういったものを川崎で手に入れようとすると、難しいのかもしれません。ラゾーナ川崎は、こんなものを扱う感じではないですから、期待されるのは、アトレ川崎ですかね。うーむ。イマイチイメージがわきません。

ラゾーナ川崎プラザ

アトレ川崎 -atre-