2010年9月23日木曜日

たばこのけむり

 朝起きて、「さて、窓でも開けて朝のすがすがしい空気を!」と思って窓をあけると、とても気持ちが良いものです。と、いうのは、しばらく前までの話。最近は、朝窓を開けると、タバコの煙が部屋の中に入ってくるようになりました。まったくすがすがしい朝ではなく、不快な朝となってしまいました。
 元々、私の住むマンションは、北側に隣接して別なマンションが建っているのですが、その北側からタバコの匂いが特に多く入ってきます。そのため、北側の部屋は、窓を開けるとまるで喫煙ルームのように臭くなり、クローゼットの服に匂いがつくような状況です。
 そんなわけで、北側の窓をあけないようにしたところ、実は、南側の窓からもタバコの匂いが入っていることがわかりました。これは明らかに同じマンションのいずれかの部屋の住人の方が、ベランダで喫煙しているということですね。いわゆるホタル族というやつでしょうか。しかも、1軒ではなく複数のようです。
 健康増進法に受動喫煙の防止が明記されてから、私の勤める企業の中では、喫煙ルームが以前より少なく(約半分)なり、しかもその煙が外にもれないようにかなりのお金をかけて条件整備をしたようです。そのため、社内でタバコの煙に遭遇することはなくなりました。また、公道でも千代田区などは率先して歩行喫煙を禁止するように取り組んできたため、歩いていてもタバコの煙に遭遇することは少なくなりました。
 しかし、どうも住宅における受動喫煙の防止については、まだまだ遅れているようです。会社の同僚などに聞いてみたところ、一戸建てでも隣の家からのタバコの煙が問題らしいです。タバコを吸う人が自分の家の中で吸ってくれれば良いものを、家の中に脂がつくなどの理由で、外で吸うことが増えているのが原因のようです。自動車においても同様の傾向があるのでしょう。窓をあけてタバコを窓から外に出して吸って、吸い終わるとそのまま道路にポイ捨てするドライバーもいるようです。
 10月からは、タバコが値上がりになりますが、これによってこういった住宅での受動喫煙などの問題が少しでも改善されると喜ばしいのですがどうなるでしょう。少なくとも、まず自分の周りの煙や匂いが少なくなって欲しいと願うばかりです。

参考URL:
「子どもに無煙環境を」推進協議会
おしえて!HOME'Sくん - マンションベランダの喫煙

2010年9月21日火曜日

ガムのポイ捨て

 伊東へ行った帰り、すっかりガソリンがなくなった車にガソリンを入れようと、いつもと違うガソリンスタンドで給油したのですが、その時悲劇は起こったのです。ガソリンを給油し終わって、さて一路家へと思って車をスタートさせたのですが、何かがおかしい。「ん?」と思うと、右足の踵がフロアマットに固定している感じがするのです。右足を上げてみると、粘着質の感触が。「あっ!ガムだ!!」と思ったときは、もう遅い。靴の踵と、フロアマットにしっかりとガムがはりついていました。私の人生で、こんなにおもいっきりべったりガムがくっついたのは初めてで、すごくショックでした。
 帰宅後、靴とフロアマットからガム取り作業です。カーペットクリーナーと、落書き落としのケミカル剤で落としていくと、徐々に落ちてきて、10分くらいでそこそこ落ちました。ひとまずほっとしました。

 しかし、ガムを平気で道路などへはき捨てる人がいるのは、信じられないです。マナーの欠如という言葉だけではひとくくりにできません。ガムをはき捨てる人は、他人がはき捨てたガムを踏んづけたりしたら、普通よりすごく怒るのではと思いますが、自分がやっていることはまったく頭をよぎらないでしょう。最近は、「人に厳しく自分に甘い」自己中心的な人が多いので、ガムのポイ捨てなどはなかなか減らないかもしれません。自衛手段は、「気をつける」と「神に祈る」くらいしかないかもしれない。

Webで検索してみたら、ガムのはがし方っていろんなところに書いてあるのですね。
ガムの取り方
ガムが○○にくっついてしまった。 お口の恋人 ロッテ|お客様相談室
衣服に付着したガムの取り方。 - Yahoo!知恵袋

2010年9月20日月曜日

伊東温泉

 伊東温泉に行ってきました。
 泊まったのは、ハトヤホテル。テレビの宣伝でおなじみのホテルです。行くと決めたのが、3~4日前だったので、ほとんどのホテルは、予約がいっぱい。しかも、子供連れなので「バイキング」のホテルを探したところ、ハトヤがヒットしました。それも、海沿いのサンハトヤは予約満杯。ハトヤの部屋も、通常より高めの広い部屋でした。値段は、しょうがないですね。
 行きの高速道路は、首都高の渋滞で予定外の時間がかかりました。通る道を間違えたのですね。一般道を行って、東名に乗ったほうが早かった(^^)予想外に時間がかかったので、海老名サービスエリアで昼食にしました。そのあと、厚木から小田原厚木道路を通って西湘バイパスへ。このあたりから少しずつ渋滞。真鶴道路は、かなり混んでいるようだったので一般道へ。しかし、それでも熱海までまた渋滞。熱海から先は、比較的空いていましたが、結局到着したのは15時過ぎ。途中の昼食を入れて、5時間以上かかりました。少しげんなりです。
 到着して、案内された部屋は、13~14畳くらいある部屋と、8畳くらいの2間ある部屋で広くてびっくりしました。案内の方から、「4時に、サンハトヤの海底温泉行きのバスがでます」といわれて、早速準備して出発しました。海底温泉は、プールと温泉に別れていて最初はプールへ。すでに屋外プールは、営業が終了していたので屋内だけでした。そのあと温泉へ。ここには、壁面が水槽になっていて魚が泳いでいました。行く前に想定していたよりは、プールも温泉も少し小さめでしたが、まあ、満足。再度、バスに乗ってハトヤホテルへ戻り、少しゆっくりしてから、夕食へ。夕食は、バイキングだったので、いろんなものが食べられて、子供の目移りにも対応できて作戦通りでした。夕食後は、一休みしてから、またお風呂へ。大きなお風呂は良いですね。
 翌日は、朝起きてすぐお風呂に入って、そのあと朝食へ。朝食もバイキングでおいしくいただきました。チェックアウト後は、さてどこへ行こう?ということで、まず、伊東マリンタウンへ。しかし、時間が早かったせいか、お店が開いていないので、今日の作戦を立てて、飲み物を買って出発です。行ったのは、伊豆修善寺の虹の郷です。一山超えることになりますが、せっかく伊豆へきたので伊豆のどこかへということで考えました。南伊豆まで行くと、帰りが大変そうなので、このくらいの距離で良いかなと思いました。
 虹の郷では、最初は、SLに乗りました。そして、中で少し遊んだ後は、バスで周遊。幼児が遊ぶには、もう少し何かあると良いかと思いました。息子は、いろいろとおみやげ(おもちゃ)が欲しいと騒ぎましたが、なんとかなだめて再出発。
 沼津に向かって進むうちに、お昼の時間が近づいてきました。道の駅伊豆のへその看板が見えて、「こちら」という方へ行ったのですが、なぜか見つからず、そのまま沼津方面へ。途中で交通事故(追突?)があり、渋滞していたり、なかなか到着しません。そして、伊豆村の駅という看板が、多くなってきたので、注意して見ているとみつけることができました。息子は、村の駅のひとつ先にある「すき家」の看板に目が奪われ、「すき家じゃないといやだ!!」と言い出しました。結局、すきすきセットを注文して持ち帰り。私たちは、村の駅のパンやさんで購入して、高速のパーキングででも食べようかと思ったのです。しかし、道路は渋滞。すでにお昼の時間もかなり過ぎて息子も「おなか減った~!」と騒ぎます。カーナビを見ていると、途中に公園らしきものが。ここならベンチもあるかも、駐車場はあるかな?と思っていると、「柿田川公園P」の看板が。到着したのは柿田川公園。駐車場は、ほぼ満杯でしたが、運よく開いている場所があり、すぐ停められました。公園内に入ると、さっそく息子が「おしっこ!」初めての公園でどこへ行けば良いかわかりません。動物的直感で、「こっちだ!!」感はみごと的中し、トイレもあり、広い広場にベンチがたくさん。すばらしいぞ<自分。その広場で昼食にして一休み。この公園、なかなかのものですね。
 公園を出ると、さっきまでの渋滞はかなり緩和していて、沼津インターまでそこそこの流れでいけました。沼津インターに近づいてくると、沼津グルメ街道の標識が。お土産を買っていってもよかったのですが、家族3人だし、息子がおもちゃが欲しいと言い出すのが見えていたのと、高速の渋滞を予想して今回はパス。次回は、ぜひ寄りたいところです。
 高速に入ると、快調そのもの。鮎沢PAでトイレタイムにしましたが、まったく渋滞なしで川崎へ。予定よりかなり早い16時前に到着です。
 1泊2日で、渋滞が多かったので運転疲れと、風邪と飲酒とサウナと温泉というやってはいけないの重ねあわせで体調不良となり、帰るなり寝込んでしまいました。なさねなし。次回は、体調を整えて、もっと温泉を楽しんできたいものです。やっぱり温泉は良いですね。


2010年9月12日日曜日

新しいパソコンが到着

 当初の計画では、ubuntuのマシンを下取りに出す計画だったのですが、少し違ってきました。
 NECのValuestarは、水冷マシンだったのですが、その水冷装置が壊れたようで、簡単には修理できないことがわかりました。しょうがないので、結局NECのValuestarを下取りに出すことにしました。
 新しいPCは、土曜日の14時頃到着しました。マウスコンピュータのホームページでは、当初の9月10日出荷予定という予定どおりに出荷されて11日の到着となりました。ひとまず、周辺機器のデバイスドライバ関係からつぶしていったのですが、32ビットから64ビットになることでドライバ探しを慎重におこなって、動作環境をチェックしながら進めました。今のところなんとか問題なく進んでいます。それと、よい機会なのであまり使用頻度の高くないソフトは別なPCに住み分けするように考えながら進めています。
 やや、誤算だったのは、今回メインのHDDを40GBのSSDにしたのですが、到着時に30GB近く使っていて、残りが10GB程度しかなかったことです。いくつかのソフトをインストールしていくうちにだんだんと減ってきて、残り7GB程度です。ユーザ領域は、もう一台の1GBのHDDに移動したのですが、アプリをSSDに入れるとこうなってしまうのですね。そのうち、80GBのSSDに装喚しようかと早くも思案中です。
 これから、考えているのはEclipseAndroidの開発環境のインストールなのですが、これは明日以降徐々にやっていこうと考えています。
 体感的にはかなり速くなっています。CPUが高速になった上に、SSDにしたことで格段の差があります。また、余計なソフトが(まだ)入っていないので速いのでしょう。
 しばらくしたら、開発環境でどうかを定性的に(定量的には大変なので)レポートします。Cerelon2.0GHzとPentium4 3.0GHzそしてCorei7の違いやいかに。

2010年9月7日火曜日

「20歳のときに知っておきたかったこと」から得たもの

 自分の生活の中にさまざまな問題があり、にっちもさっちもいかない状態になった時、自分の無力感にさいなまれて、へたするとノイローゼになってしまうかもしれません。私も、いろんなところで問題にぶち当たり、どつぼにはまるような日々を過ごしています。
 そんな時に、以前購入して読んでいなかったこの本をふと手に取って読んでみました。
 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
 そこには、「課題があるということは、解決する対象があるということだ」というようなことが書いてありました。そして、それはさまざまな解決策によって、いろんな解決がなされる。そして、その解決案を考えるための思考回路を作っていくことが大切だという示唆がありました。
 以前、
問題発見プロフェッショナル—「構想力と分析力」
という本を読んだことがありますが、一般には、「問題解決手法」に関する本ばかりです。しかし、実は問題発見こそが大切なのです。そういう視点で見れば、問題が目の前にあるということは、発見するまでもなくあるわけですから、これは逆に言えばすごいチャンスだと言うことです。
 しかし、それをチャンスにするためには、問題をどう解決するかという思考回路を形成しておくことが必要だということです。そういう思考回路がないと、「問題=ネガティブな問題」になってしまいます。しかし、「問題=ポジティブな問題=チャンス」と捉えるには、トレーニングが必要だと。
 私も、少しずつトレーニングして、「問題=チャンス」ととらえられるような思考回路を形成したいと思うわけです。そして、思うだけでなく、少しずつそれをやっていくことにします。その成果は、どうなるかわかりませんが、「問題」や「課題」をチャンスととらえるようなポジティブな発想を思いついただけでも、すでに成果かも知れません。

2010年9月5日日曜日

ふれーゆ

 鶴見にあるふれーゆのプールに行ってきました。昨年は、結構プールに行ったような気がしましたが、暑い今年の方が行っていませんでした。
 ふれーゆに行った時に目についたのは、フタッフが着ている「SAVAS」というトレーナーです。川崎市のプールも明治製菓に管理が委託されたと聞いたのですが、横浜市も明治製菓が管理しているプールがあるようですね。明治製菓のスポーツ事業の責任者は、私の高校時代の同級生なので、なんとなく、「頑張っているなぁ」という感じがして、こちらも頑張らねばと思った次第です。
 しかし、プールは楽しいですね。また、行きます。

2010年9月4日土曜日

パソコンが壊れました

 家でメインで使っていたデスクトップPCが壊れました。NECのValuestarの水冷式のPentium43.0GHzマシンですが、昨日の夜にいきなり電源が落ちてグラフィックが表示できなくなり、再度立ち上げたら、すぐに主電源が落ちて、マザーボードだけが生きているような状況になりました。そして、今朝、電源がまったく入らなくなりました。おそらく電源の故障だと思うのですが、今は、家に予備の電源もなく、修理に出すと5万円以上かかるとのことなので、ひとまず新しいPCを発注することにしました。
 これからやることは、2つ。ひとつは、壊れた電源の復活。そして、新しいPCのセットアップ。
 今日の午前中、いろんなPCを物色して、結局は、マウスコンピュータのCorei7のマシンを注文しました。約1週間で到着する感じですね。基本的には、Eclipseなどの開発環境が使えれば良いのですが、Androidの開発には、高スペックが必要な感じがして、Corei7にしました。また、デジカメの編集ソフトやウイルス対策ソフトの負荷もかなり重いように思いますので、現時点での価格と性能のバランスのとれた選択かと思います。総額13万ちょっと。かなり重い負担ですが、こればかりはしょうがないです(;;)
 Celeron2.0GHzのPCでubuntuを動かしているのですが、これを下取りにだして、壊れたマシンを修理してubuntuにするというのが当面の計画です。
 ちょっと昔は、こういうことが面倒ではなかったのですが、最近は他にやりたいことが多くて、ちょっと面倒だと思っていました。そのせいで、メインのマシンを移行しないですませていたのですが、この機会にしっかりやりたいと思います。
 さて、これからどうしよう(@@)