2010年12月3日金曜日

吐いたその後


 さて、木曜日。
 息子は、吐いた翌朝は極めて元気。「おなかすいた~」「お・か・あ・さ・ん、ご・は・ん・まだ??」と騒いでいます。あれだけ吐いたのに大丈夫かな?と思いながら、どうしようか思案したのですが、素人では結論が出ません。そこで再び、クレジットカード附帯の医療情報サービスを利用。電話して、聞いたところ「子供は食べすぎたりすると吐くことはよくあるので、朝ご飯を食べたあとも元気だったら、幼稚園へ行っても大丈夫ですよ」とのこと。息子は、朝ご飯に、うどんに目玉焼きを乗せてしっかり食べていました。その後も、元気。ということで、幼稚園へ出動です。
 私の配偶者で息子の母親も今日(木曜日)は、検診があるということで、息子を一緒に車で送ってから、出社しました。

 と、ここで終わるはずが、なぜか朝から尻手黒川道路が大渋滞で、その影響が川崎駅の東口の市電通りまで続いていました。おかげで、元木の交差点から西口通りまで20分近くかかりました。あとで聞いたところでは、潮田総合病院の前の交差点で大型トラックが曲がろうとしたまま、故障したらしく、他の車が通れない状態だったらしいです。年末の忙しい時に大変な話です。しかし、車も機械ですから、壊れるのはしょうがないですね。不可抗力とあきらめが肝心です。

 さて、さらに息子の様子を見てみましょう。
 木曜日の夜は、息子は元気。私の持っている蛍光ペンのセットで、「モンスタートラック」の絵を描くのだと言って書いています。私にも描けといって紙を渡します。結局、二人で3台ずつモンスタートラックを描いて、終了。
 お風呂も入って、寝るときは油断せずに枕元に洗面器を用意して就寝です。
 朝までぐっすりで、吐くことなく、よかったよかった。

 そして、金曜日となりました。
 早朝目を覚ますと、息子の体には何もかかっていません。タオルケットを掛けて寝かせたのですが、何時間くらいそのままだったのか。寝冷えして風邪をひいていないかな?とちょっと心配。
 朝ご飯を食べて、幼稚園へ出かける前に、「ブシュ!!」と鼻水が垂れています。「もしや(@@)これは、昨夜の寝冷えからくる症状か?」と思いましたが、心配してもしょうがない。幼稚園には、元気よく出かけて行きましたが、大丈夫かな~。
 う~ん。小さな子供がいると、気が休まることがありませんね。
 それでも、元気な姿を見ると一安心。