2010年4月20日火曜日

マンションのエコリフォーム

 我が家は、築22年になる。4年ほど前に、天井のエアコンを3台と給湯器、ガスコンロ、そしてお風呂をリフォームしたのだが、徐々にその他の場所が痛んできた。
 フローリングが徐々にはがれてきたりしたので、静床ライトでひとまずだましだまし使っている。最近のエコな環境と違い、窓もペアガラスではないので冷暖房の効果がイマイチだし、結露もすごい。水回りもだんだんと痛んできて、そのうちパッキン交換だけではすまなさそうな予感もある。
 そうなると、本格的にリフォームか、と思うのだが、マンションはいろいろな制約がある。
 窓をペアガラスにしようとすると、これが実は「窓は共有部」ということで簡単に交換はできない。だとするとどうするかと言えば、
【トステム】防音・断熱内窓/インプラス
みたいなものを使うことになる。使い勝手は落ちるだろうが、防音と断熱の効果は高そうだ。結露しないのも良い。
 オール電化にもしたいと思うが、これはかなり難しい。エコキュートの設置場所だ。ベランダは、これまた共有部ということでエコキュートを置くのは難しい。強度的にも大丈夫かどうか心配だ。
マンションのパイプシャフトにも設置可能な省スペース設計ゆとりをプラスしたコンパクトな310リットルスリム型を新発売 |ダイキン工業株式会社
こんなのも出てきているが、我が家では設置できなさそうだ。そうなると、やはりガス給湯で行くしかないのか。うーん、せっかくのリフォームなのにガスが残るのはいやだなぁ。
 床暖房も、電化したいのだが、エコキュートが使えないと選択の幅が小さくなる。まあ、それはしょうがないか。しかし、光熱費をおさえるにはオール電化。なんとかならないものか。じっくり研究することにしよう。

参考:
TEPCO : Switch!