2010年2月13日土曜日

都電もなか

空から日本を見てみよう都電荒川線が放送されました。その中で、「都電もなか」が取り上げられていたので、早速買いに行ってきました。
都電もなか本舗 明美

川崎から京浜東北線で王子まで行って、都電荒川線で王子から梶原まで。約40~50分でした。
息子は、以前も王子から都電に乗っているのですが、今日聞いたら、「あれ?覚えていないよ」と言っていました。3歳の時に乗ったのだと思うのですが、忘れてしまったのですね。

今日は、雨模様だったので、傘をさして 都電もなか本舗 明美へ。お店には、2~3組のお客さんが来ていました。私は、化粧箱入りの16個を2つ買いました。途中、息子が「おしっこ」と言い出したので、お店のトイレを借りました。お店の後ろは、お菓子工場ですごい活気が感じられました。

帰りは、来るときの逆。息子は、京浜東北線の30分以上の乗車時間では飽きてしまって、「あといくつ」とずっと聞いていました。なんといっても、川崎からだと、東海道線と東北本線なので乗り換えが2回になってしまいます。ですから、京浜東北線1本で行った方が楽なのでそうしました。車で行くという手もありますが、高速料金やガソリン代を考えると、電車の方が安いですし、楽ですね。

もなかの外箱は、すごろくになっていて遊べるようになっています。中には、紙のサイコロも入っていました。もなかの味は、とてもおいしく、いくつでも食べられそうです。息子は、際限なく食べそうだったので、「2つまでね!」と念押ししたのですが、こっそり3つめを持ってきて食べていました。
このお店、他のお菓子もいろいろおいしそうなものがあったので、また行ってみたいと思います。

(2/14:もなかの写真を追加しました)