2010年12月5日日曜日

ラゾーナ川崎プラザで昼食


 今日は、戸塚にいる叔母が川崎まで遊びにきました。
 ラゾーナ川崎プラザCALIFORNIA PIZZA KITCHENでみんなで昼食をとりました。ピザとパスタにサラダを注文。息子は、KidsMenuのピザを注文です。
 ピザは、ミラノをセレクト、パスタは、アスパラガスとほうれん草のスパゲッティ、サラダは、CPKコブ・サラダ。それと、ドリンク。どれも、結構ボリュームがあって、叔母と我が配偶者と私の大人三人には、少し多いくらいでした。特に、ミラノは、皮もパリッとして、ソーセージがたっぷりしたスパイシーなピザでボリューム感満点で大満足でした。
 息子は、ハニー・チキンピザを頼んだのですが、一切れは食べたのですが、「甘いねぇ」と言って、大人のパスタとコブサラダの鶏肉を一生懸命食べていました。しかし、それだけでは足りなかったようで、パイナップルとオレンジのフルーツを追加注文。オレンジだけ食べて、パイナップルは残していました。
 食事の後は、家に戻って、ティータイム。
 ひとしきり、いろんな話をして大盛り上がり。

 叔母が、そろそろ引き上げますというので、ラゾーナまで送っていきました。叔母は、ラゾーナを少し見てから帰るとのことでラゾーナの入り口でお別れです。私と息子は、先日息子が吐いてだめにした毛布の代わりを探しにでかけます。
 途中、アゼリアのカーゴショップで、鉄道のDVDを売っているのが、息子の目に留まり、京急と江ノ電のDVDを購入。1枚500円なので2枚で1000円。まあ、そんなものでしょうか。
 寝具を買うといっても、どこに行けば良いか悩みます。ラゾーナやダイスにはなさそうなので、一路さいか屋へ。ここでは、以前、ふとんを買ったことがあったので、毛布も大丈夫だろうとあたりをつけて行きました。で、まあ、そこそこの品揃え。息子と二人で「やわらかいねぇ」などと言いながら物色。二重になった西川の毛布を買うことにしました。ホントに柔らかくて良い肌触りです。メルマガに登録すると、クリスマスのマグカップが貰えるということだったのですが、息子が「欲しい。」と言うので登録して貰ってきました。赤いスノーマンのマグカップです。なんだか、こうやって書いていると、なんと子供に甘い親だろうとまたまた思うのでした。

 夜、寝るとき息子は毛布にくるまって「きもちいいよー」ぐっすりお休みください。m(-_-)m

2010年12月4日土曜日

都電荒川線


 今日は、都電荒川線の一日でした。
 何が発端か忘れてしまいましたが、「いなごの佃煮」が欲しいということで、探し始めました。探してみると、これがなかなか少ないのです。田舎ではあるのかも知れませんが、東京近辺で捜すとなかなかなくて、ここくらいでした。
佃煮 うなぎの佃煮、昆布の佃煮 イナゴの佃煮販売
 で、この安井商店、どこにあるかというと、三ノ輪橋です。
 よーし、三ノ輪橋までいなごの佃煮を買いにいくぞ!と思って、計画を立てていると、息子がやってきて、「どこに行くの?」と言うので、「都電荒川線の三ノ輪橋まで行って、いなごの佃煮を買ってくるんだよ」というと、「僕、都電もなか、だーいすき」とニコニコです。
 結局、三ノ輪橋で佃煮を買って、梶原で都電もなかという大行程になってしまいました。

 川崎から東海道線へ乗って、新橋へ。新橋から、山手線で上野まで行って乗り換えようと思ったのですが、そこで想定外の出来事が。息子が、「すわりたーい!」と駄々をこねだしたのです。今まで、そんなことはなかったのに、大きな声で騒ぎます。見かねて、座っていたおばさんが、「代わってあげようか?」と言ってくれたのですが、「わがまま言っているだけなので大丈夫です。ありがとうございます。」とお礼を言って、息子に言い聞かせようとしたのですが、床に座り込んでしまって、ふてくされています。それでも騒ぐので、秋葉原で降りました。そして、「あんまり騒ぐなら、帰るよ?」と言うと、「帰りたくない!!」と言うので、「じゃあ、行こう!」と息子を抱っこして山手線に乗りなおしました。上野まで抱っこしたのですが、「ボク、歩く。」と言って、上野駅のJRの改札から日比谷線の改札まで歩きました。さっきは、何で駄々をこねたのだろうと不思議でした。ちょっと甘えたかったのでしょうか。
 日比谷線で二駅で三ノ輪です。地下からの階段を元気に駆け上がる息子。交差点の横断歩道を渡って、三ノ輪橋へ。息子は、元気に歩きます。そして、到着。安井商店で、「いなご」「えび」「うなぎ」「あさり」の佃煮を買って、都電荒川線へ。始発なので、座ることができます。息子を抱っこして一人がけの椅子に座って、さあ、梶原へ。20分くらいの距離ですが、息子は半分くらいで飽きてしまったようで、「あと何分?」「まだ~?」と何度も言います。「あと10分くらいだよ。」「あと駅三つだよ」などと言いながら、なんとか梶原へ到着。電車の中は大混雑。利用者がこれだけいれば、荒川線は安泰ですね。

 梶原に到着して、一路「明美」へ。「都電もなか」の10両入りを2つ買って、「どら焼き」を2つ買って帰ります。息子は、「なんでどら焼き2つ買うの?」と言うので、「ひとつは、お母さんへのおみやげだよ。」と言うと「そうだね(^^)」。
 梶原から再び、都電荒川線に乗り、王子へ。駅の改札を入ると、息子が「おしっこ!」と言います。トイレを探すと、南口の改札脇にあるようです。息子は、ホームを走る走る。「あぶないから走らないで!」と言いますが、おしっこの方が重大事のようです。それでも、階段を降りるのは、まだゆっくりです。なんとかトイレに到着。セーフです。そのあと、ホームへ戻ると、「これ飲みたい!」とコーラを請求。甘い親だと思いながら、買い与えてしまう自分がなさけないですが、少し飲んだだけで、「眠いよー。」と電車の中でごろごろしだしました。京浜東北線は、王子から南行きは空いていたので、ごろごろしても迷惑はかかっていませんでしたが、この調子では川崎まで持たないと思って、東京駅で東海道線に乗り換えることにしました。
 東京駅につくころには、今度は「おなかすいた~。」と言い出します。「やっぱりきたな!」と思い、銀の鈴の待合椅子で、明美で買ったどら焼きを食べさせました。本当におなかが空いていたようで、結構大きなどら焼きを完食。しかも、まだ「おなかすいた~。」を繰り返します。家で待っている息子の母親に携帯メールで、「あと30分くらいで家に着くけど、息子がおなかすいたと言っています。早めの夕食お願いします。」と送っておきました。そのあと、エキナカの長谷川酒店で、鳳凰美田を見つけて買ったのですが、息子は以前、ここで買った「パンダチョコ」を覚えていて、その売り場に一直線。「招き猫チョコ」と「パンダチョコ」の2つを抱えていたので、「どちらかにしなさい。」というと、「こっちにする」と「招き猫チョコ」をセレクト。お買い上げです。
 東海道線では、息子が騒がないように、持って行ったAndroid携帯のHT-03AでYouTubeのトミカの映像を見せながら帰ってきました。「何で音を出さないの?」という息子の質問に「周りの人は、音が出ているとうるさいから出さないんだよ。」と説明しましたが、よくわからないようでした。説明も下手ですね。

 川崎に着くと、家まで息子は元気に小走りに帰ります。何であのとき山手線で騒いだんだろう?うーん、わからん?17時過ぎに到着したのですが、息子はご飯をしっかり食べました。おなかすいていたんだね。私は、買ってきた佃煮と鳳凰美田で一献いただきました。ああ、おいしかった(^^)

2010年12月3日金曜日

吐いたその後


 さて、木曜日。
 息子は、吐いた翌朝は極めて元気。「おなかすいた~」「お・か・あ・さ・ん、ご・は・ん・まだ??」と騒いでいます。あれだけ吐いたのに大丈夫かな?と思いながら、どうしようか思案したのですが、素人では結論が出ません。そこで再び、クレジットカード附帯の医療情報サービスを利用。電話して、聞いたところ「子供は食べすぎたりすると吐くことはよくあるので、朝ご飯を食べたあとも元気だったら、幼稚園へ行っても大丈夫ですよ」とのこと。息子は、朝ご飯に、うどんに目玉焼きを乗せてしっかり食べていました。その後も、元気。ということで、幼稚園へ出動です。
 私の配偶者で息子の母親も今日(木曜日)は、検診があるということで、息子を一緒に車で送ってから、出社しました。

 と、ここで終わるはずが、なぜか朝から尻手黒川道路が大渋滞で、その影響が川崎駅の東口の市電通りまで続いていました。おかげで、元木の交差点から西口通りまで20分近くかかりました。あとで聞いたところでは、潮田総合病院の前の交差点で大型トラックが曲がろうとしたまま、故障したらしく、他の車が通れない状態だったらしいです。年末の忙しい時に大変な話です。しかし、車も機械ですから、壊れるのはしょうがないですね。不可抗力とあきらめが肝心です。

 さて、さらに息子の様子を見てみましょう。
 木曜日の夜は、息子は元気。私の持っている蛍光ペンのセットで、「モンスタートラック」の絵を描くのだと言って書いています。私にも描けといって紙を渡します。結局、二人で3台ずつモンスタートラックを描いて、終了。
 お風呂も入って、寝るときは油断せずに枕元に洗面器を用意して就寝です。
 朝までぐっすりで、吐くことなく、よかったよかった。

 そして、金曜日となりました。
 早朝目を覚ますと、息子の体には何もかかっていません。タオルケットを掛けて寝かせたのですが、何時間くらいそのままだったのか。寝冷えして風邪をひいていないかな?とちょっと心配。
 朝ご飯を食べて、幼稚園へ出かける前に、「ブシュ!!」と鼻水が垂れています。「もしや(@@)これは、昨夜の寝冷えからくる症状か?」と思いましたが、心配してもしょうがない。幼稚園には、元気よく出かけて行きましたが、大丈夫かな~。
 う~ん。小さな子供がいると、気が休まることがありませんね。
 それでも、元気な姿を見ると一安心。

2010年12月1日水曜日

息子が吐きました


昨日は、幼稚園へ行った息子も、今日はまたお休み。午前保育なので、すぐに帰ってきてしまうのですが、行きたくないのはどうしてでしょう。息子が幼稚園へ行きたくないというので、私は会社へ直行。いつもより20分くらい早くつきます。
今日は、午前中は、いろいろと雑用が立て込んでいたのですが、午後も他社との打ち合わせが2件入っていて、バタバタとした一日でした。そんなこんなでなんとか仕事に一区切りつけて、ああ疲れたと帰宅です。
帰宅すると、息子が元気よくお出迎え。息子は、もうすでにご飯は食べ終わりかかっていたのですが、私と一緒にテレビを見ながらちょぼちょぼつまんでいました。そして、わたしが買ってきたサッポロポテトバーベキュー味を見つけると、「それが食べたかったんだ」とハサミを持ってやってきます。「じゃあ、ごはんちゃんと食べ終わったら、出してあげるよ」と言うと、残りのご飯を食べて、「おなかいっぱい。ごちそうさま。」と言って、「ごはんおわったから、出して」と催促してきます。「お皿に出してあげるから」と出してあげると、ちょぼちょぼ食べています。
しばらくすると、テレビにも飽きたようで、紙コップで自作したおもちゃを持ってきて、「バトルしよう」といいます。ちょっと遊んでから、また自分でおもちゃを改造。レーザービームをとりつけてきました。それを持ってリビングを走り回ります。
時間もいい時間になった頃、「うんち!」というので、そのあと「お風呂に入ろう」というと、「うん」とお風呂に行きました。いつもは、「お風呂に持っていくおもちゃを選んでいくね」というのに今日は、おもちゃなしでした。お風呂では、また、「バトルだ」と言っておおはしゃぎしたのですが、今日は少しで切り上げて体を洗ってあがります。
お風呂の途中で、電話があったのでかけなおしている間もはしゃいでいました。体を乾かさないで、バタバタやっています。電話が終わってから、髪の毛を乾かして、パジャマを着せて、風邪薬を飲んだら、さあお休みです。
絵本を1冊持ってきて、読んであげると、「おやすみなさ~い」
私も一緒に電気を消して、うとうと・・・

と、息子の声が!
「おとうさん、はいちゃった」
ありゃー、とあわてて洗面器を取りにいったのですが時すでに遅し。持ってくる途中に、盛大にゲロゲロと吐いてしまいました。毛布の上にゲロの海~。
息子の母親に息子を任せて、私は、吐いた毛布とタオルケットなどを風呂場へ持っていって大掃除。なんとか汚れを落としたものの、毛布は水を吸って重くて脱水もできません。風呂場につるして少しずつ水を切っています。今、まさに後処理中。
息子は、母親が着替えさせてなんとか就寝。

今になって思えば、朝、幼稚園へ行かないといったのも体調が悪かったのかもしれません。息子の母親は、「そういえば、イソジンで『これでうがいしていい?』って聞いてたから、のどがいたかったのかも」と言っていました。風邪薬をもらっているからと安心していましたが、油断大敵ですね。それでも、下痢もしていないし、気持ち悪さも訴えていないし、熱もなかったのに。。。
もっとも、明日の朝、けろっとしている可能性もありますし。どうでしょう。
息子の絵本に「ゲーとピー」という本がありますが、なんとなくその症状と同じようにも見えます。風邪でしょうか。明日、場合によっては内科を受診ですね。

いやー、世間の子育て中の皆様も、おなじような苦労をしているのでしょう。それでも、うちの場合は、比較的元気で、あまりこういうことがなかったので、このところの立て続けの嘔吐にはちょっとびっくりしています。

何事も、経験ですな。

2010年11月30日火曜日

いよいよ年末、師走となりますデス


 毎回、ネタは息子が中心ですが、今日もまたそのネタです。
 週末、一緒に遊んだ息子は、月曜日は幼稚園へ行くのかと思いきや、「ボク、休む」まあ、いいんだけどそんなに休んでいても面白くないのにと思う私。結局、月曜日は、息子の母親と一日一緒に家に閉じこもっていたようです。そのせいで、私が家に帰ると、息子の母親で私の配偶者である妻が「ちょっと出てきていい??」とかなり煮詰まった様子で「いいよ」と言うとひょいひょいと出かけていきました。最初は、近所のコンビニに息子のおやつを買いに行ってすぐに帰ってきました。息子も「おかえり~」と言っていたのですが、そのまま、バタン!!と再度出てしまったのに気がつかなかったようで、私が夕食の後片付けをしていると「おかあさ~ん、どこ~」と探し回っています。見つからなくて私に「おかあさんどこ??」というので、「また、買い物にいったみたいだよ」というと「えー」と言います。普段は、うるさいと思っていても、やっぱりおかあさんがいないとだめなのかもしれません。
 かれこれ1~2時間くらいして、玄関が「がちゃ」っというと息子は一目散に玄関へ。「おかあさんお帰り~!!」とお出迎えです。おかあさんは、近所のスーパーで大量の買い物をして帰ってきました。ストレス解消の買い物ですね。きっと。
 そんな、昨夜を経て、さて、今日は。

 先週のボジョレパーティーの残りを会社でいただいて帰宅したのですが、時間が遅くなった(ほかの人から見たら、まったく遅くないと思いますが)ので、息子も息子の母親もすでに就寝していました。「遅かった!!」といわれるより、すでに寝ているというのは寂しい面もありますね。でも、こうしてこれを書いていられるのも、一休みして(いろいろ余計に家捜しして食べてしまいましたが)テレビをみて、さて、書こうかという余裕のたまものです。

 そうこうしているうちに今日もおわろうとしていますが、明日からは師走です。
 忙しい忙しいとばかり言うのは、人生を楽しんでいないような気がしますから、年末の楽しみを探し出して、最大限にたのしんでやろうと思うこのごろです。

2010年11月27日土曜日

ラゾーナ川崎プラザは、なぜこんなに人が集まるのだろう?


今日は、家の片づけをしました。ずっととってあった自動車のケミカル用品のスプレーを捨てるための作業をしたり、粗大ごみではないのだけど捨てるのが厄介な木製品をのこぎりで裁断したりしました。クリスマスツリーも、葉っぱのプラスチック(?)がぼろぼろになってきたのと、昔のLEDで線が太くて重い上に、途中で断線しているイルミネーションを廃棄しました。そのあとも、その昔の領収書などなんだかとっておいたほうが良いのかわからないものをシュレッダーして一日が終わりました。

そうは、言っても、日用品やなにやら買いに行こうとラゾーナ川崎プラザへ出かけました。今日買う予定のものは、仕事に使うノート(個人的なこだわりがあるので社給品ではダメです)、新しいイルミネーション(家で育てているベンジャミンがかなり大きいので、それにデコレーションするためです)、そして洗剤などなど購入しました。
今日は、息子は体調不良のため、一緒に行かないとめずらしく言いました。

家に帰ると、そろそろ夕食の時間です。わが配偶者は、疲れきっていて、料理ができる状況ではなかったので、息子に「外に食べに行くのと、家で食べるのとどっちがいい?」と聞くと、「家!」と即断即決です。
というわけで、再度、ラゾーナへ夕食のおかずを買いにでかけました。
夕方に近いせいか、昼間より混雑度合いが増していました。丸善もビックカメラも大混雑です。丸善の行列はびっくりしました。20人は並んでいたでしょうか。
私は、なんとか夕食のおかずを買って帰りましたが、結構な混雑でした。いったいどこから、これだけの人が来るのでしょうか。私は、近所に住んでいますが、夕食のおかずを買うにも、ラゾーナはデパチカと同じなのでかなりお金がかかります。川崎区や幸区の人口から考えると、もっと違うところから人が流入しているのだと思います。しかも決して安くないのに。三和やユニディ、ユニクロなんかは安いかもしれませんが、電車賃かけてくるほどのこともないでしょうし、人間って不可思議ですね。

ラゾーナ川崎は、人が多いだけでも買い物しづらいのですが、それにも増して困るのが、通称「ラゾーナ渋滞」です。ラゾーナ川崎へ入るのも少し時間がかかりますが、それにも増して時間がかかるのが出るときです。立体駐車場の場合、出るのにかかる時間は相当なものです。平面の方がまだ早いかも。ラゾーナ川崎に車で来た人は、まあ、それなりの覚悟(というか時間がかかる)で来ているのでしょうから良いのですが、私のように近所に住んでいると、どこかに出かけて帰ってきて、あと少しというところから家につくまでが大混雑だったりします。これは、もう、どうしようもないのですが、ちょっと不満ではありますが、まあしょうがないでしょう。

しかし、本当にどこから人がくるのでしょうか?鶴見には、トレッサ横浜ができたし、みなとみらいもそんなに遠くないし。不思議です。ラゾーナ川崎自体も、予想よりかなり来客が多いようですから、謎はとけていないのでしょう。
しかし、不思議だ。

2010年11月26日金曜日

心理学とそれの実践


@IT情報マネジメント:ITユーザーのためのメンタル管理術 連載インデックス

ここにリンクしたページを会社で見ていて、「あれ?これって、以前同じような話を聞いたことがあるぞ?」と思って、いろいろ資料を探し当てると、エゴグラムのシートが出てきました。会社でもやっていました。しかしながら、会社でこれをやったのは、わずか45分。それで何がわかるのかといえば、今回のように「前にやったことがあったなぁ」くらいなものですが、それでもある意味有効なのでしょう。

しかしながら、上記のリンク、最初から勉強させていただきました。
会社の中でのさまざまな葛藤に対して、どう対処すればよいか、すごくためになるサジェスチョンを得ました。今まで自分が悩んでいたもやもやとした部分をきちんと論理立てて示していただいた気がします。ありがとうございました。

この話をここに書いたのは、息子の成長具合にどういう風にこの話が生かせるか考えていたからです。人に褒められたい、それがダメなら怒られてもいい。怒られても、自分に目が向いてくれるならマイナスな方向でも良しとする。そんな思考回路があるというのはまったく気がつきませんでした。専門家ではないので知らなかったわけですが、それではいけないということに今更ながら気がつきました。無知は、罪なのかもしれません。

息子も日ごろ、息子の母親に、「えいっ!」とたたいては、「何で私をたたくの!!」と二倍三倍で返されても怒られることをしています。それは、まさに「僕の方を見て!!」という意思表示なのですね。それをしっかり受け止めて、マイナスのストロークではなく、プラスのストロークを与える必要があるのだと思います。

エゴグラムの結果を見て、自分に足りない部分をどう補うか、と考えすぎると、さらに悩みが深くなります。私は、NPが一番高く、それより少し低くてFC、まあ、中間地点がA、CPとACは、平均よりかなり低いという結果が過去に出ていました。これも、その都度はかってみたほうが良いのでしょうが、そんなにしょっちょううやるものでもなさそうです。結果を見直して、上記のコラムとつき合わせてみると、自分に足りない部分がよくわかります。

今日は、会社で1週間遅れのボジョレパーティーがありましたが、わが配偶者と、息子のことが心配で途中退席してきました。パーティーは、とても楽しく、途中退席したくないなぁとも重いましたが、家族を優先しました。でも、家に帰ってからワインを少しいただきましたから、飲んだ量は大して変わらないですね。

わが配偶者は、耳鼻科で診察を受けて、お薬を処方されたようなので、今後、回復を期待しています。息子は、お薬を飲むのがたまにワンサイクルずれてはいますが、ほぼ予定通りです。この週末は、ゆっくり休んで英気を養いたいものです。

2010年11月25日木曜日

小学校の入学前身体検査、年賀はかき購入などなど


 今日は、息子の小学校入学前の身体検査です。
 昨日、病院で薬を処方されたくらいですから、体調がよろしくないようで、朝おきる時間もいつもよりかなり遅く、幼稚園に行くのには準備が間に合わないような状況でした。それでも、「今日休んだら、明日行く?」と聞くと、「うん。」と返事をします。さらに、「幼稚園休んでもいいけど、午後から小学校に身体検査に行ってね。」というと、「今日、幼稚園休んでいいんならいく。」といいます。微妙に幼稚園休む理由を見つけているようですが、約束できるならとおおけいしました。
 身体検査の結果は、問題なしでした。ひとまず、それが何より。
 もともと目が悪くて、眼科へもかよっていますし、喘息もあるので、ひとさまほど丈夫ではありませんが、一病息災ともいいますし、一安心。

 私は、朝から明日の「ボジョレヌーボーの会」に備えて、買っておいたボジョレ2本を持って徒歩30分の会社まで重いカバンとともに出社しました。会社に到着してから、購入金額のエビデンスとして提出するためにレシートを見て愕然としました。「あ、同じワインが、瓶とペットボトルだ!」なんと、私が買ってきたボジョレは、1本はペットボトル、もう1本は瓶なのですが、中身は同じでした。ついつい先入観から、ペットボトルは安いワインで、瓶は高いワインと思い込んでいました。常日頃から「見た目で判断すると本質を見失う」(花園明美)という言葉を肝に銘じていたのですが、大失敗です。開き直って、明日は、みんなに同じ銘柄だと言わないで飲ませてその評価を聞いてみたいと思うのは、意地悪でしょうか。でも、もともとそういうことが得意ではないので顔にでちゃいますからダメですね。

 お昼休みには、会社に郵便局の年賀はがき出張販売がきていました。ここ数年、会社へ来ていただいている出張販売で年賀はがきを買っていますが、昨年は、ポストの貯金箱をいただきました。今年は、そんなことはすっかり忘れていましたが、販売所の脇に、ポストが見えます。少し期待して、「130枚ください」というと、そこにあったポストの貯金箱をつけてくれました。
 配偶者へメールで、「年賀はがき買って、ポストもろた」とメールすると、「ほしかったー」との返事。家に持って帰って、「実は、去年ももらってたんだ~」と去年のポストを引っ張り出すと、あれ?かなりちがうのでは?
 去年のポストは、陶器でできていて、紙の箱に入っていました。それに比べて今年のポストはプラスチックで、ビニールの袋です。やっぱり、郵便会社もこういうところでコストダウンはかっているんだなぁと変な関心をしてしまいました。しかしながら、このノベルティは、普通に郵便局に行って年賀はかきを買ったらもらえないのかもしれないので、会社の出張販売で買ってよかったと思います。でも、100枚以上じゃないともらえなかったようですね。

 仕事は、今日も大忙しでバタバタしていましたが、なんとかやっつけて(やっつけ仕事はいけないんですよねー)、歩いて帰宅。運動不足は、良くないのですが、会社の往復30分ずつのウォーキング程度ではまったくダメです。去年は、1週間に20kmはジョギングしていたのに、ことしはまったくです。これがすべての歯車を逆周りさせています。寒くなってきましたが、なんとかジョギングしたいものです。(自分の意思が最重要ですね)

 さて、今日は外は雨が降っているので、家の中で筋トレでもしますかねぇ。

 こうやって、毎日書いていると、なんどお間抜けな日々だろうと思います。それでも、なんとか生きていけるだけ、感謝しなくちゃ。せっかく生きていくことができるなら、いかにそれを楽しく過ごすか、あるいは、意義あるものにするか、自分で考えて悔いのない人生を過ごしたいですね。

2010年11月24日水曜日

息子はやっぱり風邪だった


 朝、息子を自動車で幼稚園へ送っていきました。息子は、午前保育だったので、息子の母親が迎えに行って、そのあと耳鼻科を受診しにいきました。その結果、「ウイルス性の風邪」だということが判明しました。しかしながら、土曜日の嘔吐との関係は、わかりません。
 そうそう。息子の母親は、息子が嘔吐したことと、鼻水が出ていることから、耳鼻科を受診するか、内科を受診するか迷ったそうです。そのとき、相談したのが、クレジットカードに付帯サービスとしてついている24時間医療相談でした。息子が小さいころは、育児相談も何度もかけていたようですが、今日はしばらくぶりにかけたと言っておりました。これを利用できるだけでも、ゴールドカードにする価値があると申しております。

 帰宅すると、息子は、リビングに洗面器とマイペットを出して、トミカを洗っていました。「トミカをきれいにしてるんだ(^^)」と自慢げです。床は、水でぬれていますが、そのくらいはご愛嬌。そして、「おとうさんもご飯が済んだら、手伝って」というので、「どうすればいいのかな?」と聞くと、「水にぬれるから、ズボンとシャツを脱いで、パンツ一枚になって」というのです。「風邪引いているのだから、パンツ一枚は寒いよ」と言っても聞いてくれません。しょうがないので、パンツ一枚同士になって、トミカを磨き上げます。何台か磨いたところで、「床がだいぶぬれてきたよ」といって、「そろそろ、ここはおしまいにしようか?」というと「じゃあ、続きはお風呂でやる」といって、トミカを2台選んでお風呂に入ることに。なんとかうまく、お風呂に誘導できました。
 お風呂に入って、お風呂のスポンジでトミカをきれいにしているうちに、鼻水がズズズズズーっと出てきました。さすがに、体が冷えたのかお湯につかってあたたまってからお風呂をあがりました。そのあと、ドライヤーで髪をかわかすのに、最初は、「いやだ」とどたばたして、乾かし始めても「痛い」とか「熱い」とかいいながら、まあ、いつもの一騒動。それでもなんとか終了。
 そして、いつものごとく、パジャマを着るころになって「おなかすいた」の一言が。あらかじめ、息子の母親がおにぎりを用意してくれていたのですが、「サケのおぎにりは?」と言い出して、一暴れ。「おにぎり食べてって、言うんだったら、たべてあげる」と妥協点をさぐっています。ここで、妥協しないと、また一騒動かなと思って、「おにぎり食べて~」と言うと、「うん。いいよ!」と直径2~3センチの小さなおにぎりを3つ食べました。寝る前に食べる習慣は、どこかで断ち切らないといけないと思いながらもついつい甘くなってしまいます。
 さあ、眠くなってきました。歯を磨いて、本を読んで、お休みです。
 おやすみなさ~い。ぐーぐーぐー。

 家の中は、息子の母親兼私の配偶者が一生懸命片付けているので、だんだんとモノが捨てられて、広くなってきました。10年も使わないものは、捨てないといけないのですが、そのままになっているものがたくさんあります。クリスマスツリーも150cmもあるのですが、葉っぱがプラスチックでできていて、この2~3年は、LEDライトを巻きつけると、ぼろぼろに落ちてきていました。そこで、この際お役ごめんとすることにして、ツリーは、観葉植物に少しデコレーションして代役をしてもらうことにしました。別なところでは、キッチンの米収納装置(?)です。1合とか3合とかのボタンを押すと、下の穴からお米がザザっと出てくるあれです。しかし、これはもう使わなくなって、というか、最初から使っていなかったので、お別れすることにしました。まあ、そんな調子で、次から次へと処分中なのですが、息子の赤ちゃんだったときのさまざまなものも片付けないといけないです。
 いろんなものには、それぞれ思い出がつまっていますが、都会のマンション暮らしでは収納も限られているので、捨てていかないといけません。せめて、写真で残して後年、「ああ、こんなものあったねぇ」と言えればそれでよし。身軽になって、部屋を広くしたほうが気持ちが楽になります。
 さて、ついでに運動して、体のいらない「脂肪」も捨てなくちゃ!(きゃー)

2010年11月23日火曜日

自動車のタイヤ交換、そして、大掃除、パレットタウン


今日は、朝から(といっても10時ですが)イエローハットに予約してタイヤ交換に出動です。スタッドレスタイヤは、イエローハットのタイヤ保管サービスであずけてあるので、ナットだけ持っていけばよいので、楽ですが保管料はばかにならない気もします。しかし、マンション暮らしでは、やはりタイヤを預かってもらったほうがいろいろと安心な部分があります。
さて、息子は昨日のとおり不調なので、私一人ででかけました。
到着すると、なぜかお店の前にテントがあり、そこに何人かの人々が待ち行列。はて?なんだろう?と思っていると、今日は、どうも特売日だったようです。10時の開店と同時に、タイヤ交換をお願いすると、「3~40分でできます」とのことで、店内をうろうろ。息子が吐いたことから、吐いたときの袋を買おうと思っていたのですが、ありません。おしっこの袋は売っているのですが、吐いたときのための袋は、あまり商売にならなかったのでしょうか。ラゾーナ川崎のユニディでも見かけませんでした。
そんなこんなで、3~40分。「タイヤ交換完了しました」との声で、確認に行くと、「溝はまだありますが、今年5年目なので新しいタイヤにしたほうが安心ですよ」とのこと。「それなら、交換前に言ってくれ」、という気もしましたが、確かにもう5年目になります。溝があれば大丈夫だという確信めいたものもあったのですが、車が結構重いので安心料かなと思い、値段を聞いてみました。
その結果、B社のタイヤは、1本約4万円、Y社のタイヤは、1本約1万9千円。この違いは、どこからくるのか。。。しかし、絶対的な安心感はB社の方だったので、B社のタイヤにしました。その昔は、M社のタイヤにしたこともあるので、Y社でもよかったかと思いもしましたが、あとで後悔したくないと思い、決断しました。結構値段の差があるので(倍以上)、2分ほど頭の中で、高速演算ブーストモードで演算して、決断しました。(でもやっぱり、安さは魅力ですよね。)
そこから、さらに30分ほどで交換完了!!
気持ち的には、とても満足です。(しかし、出費は痛いが、安全はお金に変えられないと思います)

そんなこんなで、家に帰ると、そこには地獄絵図が。。。。。
家のドアをあけると、息子の母親がいきなり、「もう、この子のおもちゃは買わないことにしました!!」と怒鳴るではありませんか。私は、いったいどうしたんだろうと思いながら、息子に手を焼いた息子の母親が、ストレス爆発したのだと察知しました。しかし、その火の粉は私へと飛んできます。「掃除もできないし、いらないものは捨てないとダメでしょ!あのパソコンの箱は、どうするの??」と矛先が向かってきました。私も、家に帰るなりそういわれると、ついつい言い返したくなりますが、「そうですか。そんなら、いらないものを捨てましょう!」ということで、一気に、いらないもの(いるかもしれないととっておいたもの)大掃除大会へと発展しました。もう、ガンガン捨てました。昼間出かけましたが、帰ってからも捨てました。今度の土日も捨てることになりそうです。大物は、いいのですが、小物が時間がかかって大変ですが、そこで決断しないといつまでも家の中は散乱状態です。

そういった混沌とした状態の発生元である息子は、「いったいどうしたの?」といった顔でそ知らぬふり。イエローハットで私がもらってきたミスタードーナッツのドーナッツを昼食代わりにたべながら、ニコニコしています。
それでも、息子の母親の上がりきったテンションは下がるすべをしらないので、息子を連れて家を脱出することにしました。本当は、昨日までの息子の不調があるので、出かけたくなかったのですが、「息子を外に連れて行くと心配だから行きたくないんだけどなぁ」と大きな声で言うのですが、まったく聞いてくれません。息子は息子で、「早く行こうよぅ!」と言っています。結果して、車ででかけることに。新品のスタッドレスタイヤのならし走行になりました。

息子を連れて、車で家をでたものの、どこに行こうか困ってしまいました。息子は、「このまえエルグランドに乗ったところに行きたい」といいます。新型エルグランドが発売になったとき、試乗させてもらったことを覚えていました。しかし、それはディーラーさんのサービスなので、買う意思のない車まで試乗させてくれとは言いがたいものがあります。ましてや息子は、「僕、ジュークが気に入った。あの音楽がいいの。」と車とまったく関係のない価値観で乗りたい車を選定しています。「そうきたか」と肩透かしをくらったような気分です。
いくところが決まらないので、「これは、まずいなぁ・・・」と思いながら車を走らせ、どこへ行こうか思案しました。そして、思いついたのは、「メガウェブ」です。パレットタウンのトヨタのショールームです。あそこなら、他に遊ぶところはあるし、食べるものもある。そうだ、そこに行こう!!と決めました。息子も、「昔の車もあるよ(ヒストリーガレージ)」と言うと、「僕、そこに行く!」と乗り気です。そうと決まれば、レッツゴー!!(いつの時代の言葉だ!)

パレットタウンに到着すると、駐車場が大混雑。と見えたのは、ビーナスフォートの駐車場です。「45分待ち」の看板が出ていました。それに巻き込まれてはまずいと、イーストバーキングへ。こちらは、スカスカで止め放題。なんでこんなに混雑状況が違うのか、理解に苦しみます。もしかして、ビーナスフォートで買い物してもイーストパーキングは割引にならないのかな?そんなことで、何十分も待たされるのは割りに合わないですね。いつもこんな具合だと思うのは、私だけでしょうか。(今確認したら、イーストパーキングは、割引サービスないんですね。でも、そのくらい払っても良いのでは?)

イーストパーキングに駐車すると、そこから東京レジャーランドへエレベータで直結!これは、息子にはインパクトありました。以前もここに駐車したのですが、すっかり忘れていたようで、メガウェブに来たこともよく覚えていないようです。メガウェブは目の前なので、ゲームはさておいて、車を見に行きました。
まずは、レクサス。同じような車なのに何でこんなに高いのと思うのがレクサス。うちの車も、インフィニティとして海外で売っている車ですが、それと比較して高すぎだと思うのですが。ちょっと、調子に乗りすぎかも?そう思いながらも、RIDE ONEへ行くと、レクサスの試乗会をやっていました。しかも、500円取るのです。と、思いながら回りを見渡してみると、自動車のパンフレット、有料なんですね。さすが、天下のトヨタさん。しっかりしてますね。
レクサスの試乗会のせいで、一般の無料の試乗会は17時以降でないとダメだということでしょうがなくレクサスの試乗会を申し込みました。いくつか車はありましたが、今乗っている車と同じような車ということでGS450hを試乗することに。申し込んでから、試乗するまでにしばらく時間があったので、東京レジャーランドへ戻って、息子の「ゲームセンター行きたい行きたい気分」を満足させて、いざ試乗。
乗った感じは、ハイブリッド車ということで、出足は電気自動車。まあまあ、良いではないか、という感じ。速度は40km/hまでに制限されていたので、・・・ごにょごにょごにょ・・・、パワーもそこそこあると思われます、程度の感想です。べらぼうに欲しいと思うほどではなかったので、販売価格はやっぱり高いと思います。このくらい出すなら、テスラの電気自動車の方がよっぽど魅力的です。

そのあと、ヒストリーガレージまで行って、車を見てきました。息子は、模型の方が興味があったみたいですが、デローリアンだけは興味津々でした。ヒストリーガレージをひとしきり見た後は、E-com RIDEで、シティショウケース2F駅まで戻りました。この車は面白いですね。できれば、全国の高速道路で走れるようになって欲しいものです。もしくは、高速道路にガイドレールを設置して、あらゆる車が、(居眠りしていても)目的地まで安全に到着できるようになると良いですね。

今日は、たまたま、いろんなイベントが行われていました。
そのひとつが、「こども店長」がメガウェブにやってくる、というものでした。13:30と15:30からのイベントでしたが、どちらも少しずつ見かけました。息子が、あまり興味なく、横目でちらちら見える程度だったので詳しくはわかりませんでした。
もうひとつは、「イナズマイレブン」のコラボレーションで、車の展示スーペースで実施しているものと、スタンプラリーがありました。息子は、スタンプラリー乗り気で、「あっちにあったよ!」とやる気満々。ヒストリーガレージまで2回も行ったのですが、まったく不満を漏らしませんでした。その結果、もらったのが、イナズマイレブンのカード。これには、息子は興味ゼロ。。。「ありゃ?あの熱心さはどこいったんだよー」、と言うような、まさにキャズムです。

スタンプラリーの途中に、UDの展示会場も行ったのですが、そこにあるすごろくも、トライしてきました。サイコロを振って出た目の数だけ進むわけですが、そこにある説明をこちらが読んでいるのをわかっているのか、わかっていないのか。先へ進むことが目的になっていました。今は、それでもいいけど、もう少しお兄さんになったら、ちゃんと聞かないとねっ!と思いながらゴール!「ゴールしたから、スタンプラリー続けよう!」という息子の一言に、「おお、割りきりが早い!」と思いながら、次へ走ったのでした。

そんなこんなで、あちこち歩き回って、帰途へついたわけです。最初に、「駐車料金くらい・・・」と書きましたが、確かに少し高かった(^^;;;
で、おまけに首都高速K6川崎線を通って帰ってきました。首都高K6川崎線は、上り下りが上下になっているのですが、湾岸線から大師方面へ行く場合は、上を通ります。ここから見える景色は、昼間は殺風景ですが、暗くなり、照明が点灯される時間帯になると、「川崎工場ツアー」があるくらい幻想的な風景になります。今日は、17時くらいに通ることになったので、少し遠回りですがK6を通ってきました。息子もその幻想的な風景に「すごーい」と感動していました。

息子の体調不良を解消するために、今日は一日家でゆっくりとやすませるつもりでいたのですが、息子の母親の目がすわっていたので期せずして外出となりました。息子は、鼻水が少し出ているようですが、そのほかは押しなべて快調なのでまあ、なんとかなるか、と期待していますが、これで明日息子が絶不調だったりすると、私が、息子の母親から責められるわけです。いいんですけどねぇ。。。。。

はあ、今日も一日何もしなかったけど、自動車が進化してることだけはよくわかりました。エンジニアのはしくれとして、爪の垢を煎じて飲みました。ごっくん!!

2010年11月22日月曜日

回転寿司は、一種の遊園地ですね


 今日は、飛び石連休の平日でしたが、私は帰省する予定だったので、会社を休みました。そうなると、一気に時間の調整ができなくなるのは、サラリーマンの悲しい性です。貧乏性とでも言うのでしょうか。何かをやらないと損した気分になる。ダメダメですね(^^)

 そんなわけで、息子も帰省しなかったので、朝から幼稚園へ出動しました。そして、息子の母親も、病院の診察予約があるということで、二人とも車で送っていきました。

 さて、どうしよう(@@)
 やることといったら、パソコンに向かって、ブログを書くとか(そんなことせっかくの休暇にやるなよ!!)、家電量販店に行ってうろうろするとか(それしかやることないのか!!)、車で首都高を一回りするとか(ガソリンの無駄遣いはやめろ!!)というわけで、あとは寝るくらいしかありません(なんと悲しいサラリーマン♪♪)。

 しかし、家族を送り出して家に帰ってみると、息子の母親は、急いで出かけたので食器を片付けていません。洋服も脱ぎ散らかしてあります。息子のレゴもトミカも散乱しています。それを見た瞬間、私の「スイッチ」がオンになりました。片付け機能オン!!
 はー、疲れた。。。
 しかし、きれいな家の中はきもちいいねぇ(^^)

 ノンアルコールビールを飲んで、一息入れて。と、目の前に息子のお弁当の残りが。。。ついつい、つまみ感覚で手を出してしまいました。きっと息子の母親も
こんな風につまみ食いしてしまうのでしょう。なんとなくわかります。うーん、これは結構重大な問題だ!などと一人納得しながら、またひとつまみ。(バシッ!!)

 ちょっと外出して所用をすませてから、家に帰ると、つまみ食いのせいか、あんまりおなかがすいていません。それでも、12時から13時くらいまで、ネットサーフィンしたり、テレビをながら見しながらぐーたらしていると、なんとかお昼がたべられそうです。帳尻あわせにと、カップ焼きそばを食べることにしました。待つこと3分間。「お・い・し・い」と思わずその手の業界の人の話し方になりながら、いただきました。ホンとにおいしかったのですよ。しかし、食後はおなかいっぱい。うー苦しい。そのとき、息子の母親からメールが。「病院の診察おわったよ~。今から帰る~」。ほいほい。

 それからは、八面六臂の大活躍!!なわけなく、だらだらとスーパーで買い物です。「郡山産ササニシキ」と書いてあったお米を、値段を気にしながらもご購入。さらに、野菜類(高騰してますが)を少し購入して、その他もろもろ。購入先は、ラゾーナ川崎の三和です。(スーパーマーケットについては、そのうちひとくさり)

 なんだ?回転寿司はどこいった?とお待ちのみなさま。やっとここからが回転すしです。川崎駅の近くにも回転寿司はあるのですが、息子さまのお気に入りは、「新幹線がお寿司を運んでくるお店」”かっぱ寿司”です。これは、言っては申し訳ないのですが、「新幹線」と「アトラクション」というキーワードのみでヒットしているようです。でも、かっぱ寿司の平日一皿90円は、お財布にやさしい!!うれしい!!ということで、平間駅のちかくのかっぱ寿司へ。車で行くと結構かかりますが、雨模様だったことから車で出発。私的には、ビール(お酒)を飲めないので、車で行くより電車がWelcomなのですが、そうもいきません。

 かっぱ寿司は、祝日・土日は、17時には大量行列になることから、混雑を予想して出かけたのですが、平日はさすがに余裕がありました。いつもこのくらいなら良いのにと思いながら、また、このくらいの混雑具合で成り立つのか?もしくは、赤字なのか、他人事ながら気になって眠れません。
 いろいろ残ってはいましたが、〆です。家族3人で、本日は90円の皿を33枚、157円の皿を3枚。5歳児がいるにしては、結構食べました。そのうち、4枚分は持ち帰り用でしたが。合計3600円ほどで満腹です。

 私は、折りにお寿司を少し持ち帰ってきたのですが、息子は予想外に食べず、息子の母親も「食べ過ぎないようにしてるので食べない」ということから、私が約3皿分を食することに。(私もこのところの不摂生で1~2Kg増加中)

 回転寿司は、寿司の品質が悪ければ、それはもうダメダメだと思いますが、最近は、かっぱ寿司の新幹線の例に漏れず、アトラクション化しており、すしの品質どころではなくなっています。そう。回転寿司店は、大アトラクションなのです。「いまさらそこに気がつくな!!」と怒られそうですが、現実は、そういうもののようです。

 息子は、鼻水がブシュっと出ているので、後日診察を受けたほうがよさそうな、雰囲気です。やっぱり、須賀川中止は、適切な判断だったようです。一安心。なんだか、いろんなことが言い足りないのですが、まず体を休ませないといけないですね。皆さんは、どう対応しているのでしょうか興味はつきません。

2010年11月21日日曜日

遅ればせながら、ボジョレを買ってきました。


ボジョレヌーボーの解禁は、18日でした。コンビニの店頭に並んでいるボジョレも少なくなってきました。そんな中、これからボジョレヌーボーの解禁を祝って、パーティーを計画しています。その計画も、「一人二本持ち寄って全部をならして清算」というものなので、あまり高いものはみんなの不評を買うので購入できません。
そんなさなか、先輩からのメールで、「イトーヨーカドー、西友、ドンキで購入したので、そのうち2本を持っていく」とのこと。これでは、格安ペットボトルは絶望的です。なんとかしなくてはとワインを探しに行って来ました。
半分は、息子が昨日須賀川にいけなかったにもかかわらず大変元気であることから、遊びに連れて行く目的でもありました。

で、最初に出かけたのは、東京ミッドタウン。確か、ワインを扱っているお店があったような気が・・・しかし、ボジョレを扱っているようなお店はなく(というか、みつからなく)帰ってきました。しかしながら、息子は、檜町公園で元気良く遊んできました。「僕は、この公園好きなんだ!」と言いながら、走り回ってきました。以前来たときも、結構楽しそうでしたが、今日は、一部芝生の養生で入れない部分があり、それだけが残念。26日までの養生のようでした。

次に、恵比寿ガーデンプレイスへ行きました。ここには、パーティーというお店があることがわかっていたので、押さえとして行きました。案の定、息子は、「もう帰ろう」と飽きてしまったので、ボジョレを2本と、売れ筋のワイン赤・白一本ずつ買っただけで帰途へつきました。

さて、準備万端のボジョレパーティーですが、このところお酒にお金を使いすぎているような気もしますので、少し財布の紐を締めないといけないですね。

2010年11月20日土曜日

帰省しようとしましたが、中止しました


 今日は、川崎から須賀川へ帰省する予定です。息子(5歳)と二人で、自動車で出発です。
 浜川崎から高速に乗るのですが、その前にマクドナルドでハッピーセットなどを買ってから、首都高へ乗りました。まだ、お昼には早かったので、途中で、昼食にするために買いましたが、おもちゃは、すでに息子の手に落ちています。大井PAで息子と二人でおしっこをして、準備万端出発!!
 さて、首都高速は、今日はそこそこの込み具合。川崎から東京都内は順調でしたが、6号線へ入るあたりから込み始めました。息子もカーナビの、「15Km先渋滞です」とか「10Km先渋滞です」という声を聞いて、「あとどのくらい?」とさかんに聞いていました。そんな中、江北JCTあたりまできたところで、息子が「おなかがいたい」と言い出しました。その前には、おなかがすいたと言っていたので、聞き返すと、「吐きそう。。。」というので、車用の「ハイポット」という袋を出して渡しました。そのときは、ほんの少し吐いただけのようでした。しばらくして、2回目も少量でした。今まで、息子は、ノロウイルスやロタウイルスなど以外では、吐いたことがなかったので、少し驚いてしまいました。
 ひとまず、どこかで車を止めないといけないと思っていたのですが、すでにパーキングのない埼玉エリアだったので、東北道へ。なんとか蓮田SAまで到着したのですが、停車してハイポットを渡したとたんにゲロっと吐いてしまいました。シートベルトをはずしてから後ろ向きに吐いたので、チャイルドシートにだらだらとこぼれてしまいましたが、表面だけだったので一安心。ウエットティシュで見た目だけはきれいに掃除しました。風邪か?と思い、体温を測ろうかとおもったのですが、荷物の中には体温計はなし。しかたがないので、おでこや首筋をあたってみると、少し熱がありそうです。どうしたものか思案中となってしまいました。
 しかしながら、息子は、「おなかがすいた」というので、車を降りて蓮田SAの二輪車駐車場の前のベンチで買ってきたマクドナルドの昼食をしっかり食べて元気な様子です。食べたのは、主にチキンナゲット。チーズバーガーも少し食べました。それとポテト。少し様子を見ていると元気そうには見えるものの、熱も少しありそうだったので安全策を考えて、川崎へ戻ることにしました。
 蓮田SAでは、おみやげやさんで、練り物と牛しぐれ・ほたてとうにをおみやげに買いました。須賀川と川崎へ電話して、一路帰宅へ。息子は、途中で「やっぱり須賀川へ行きたかった」と言ってはいたものの、戻る方が安全サイド。息子が風邪やインフルエンザだったら、私の高齢の両親に感染したら大変ですし、息子もそのまま寝込んだししたら大変です。
 高速なので帰りは、加須まで行ってから一度出てUターン。再度高速へ乗って上りの蓮田SAへ。ここで、息子に高速道路のピンバッチを買ってあげて、飲み物を買って一路帰途へ。帰りは渋滞もなく、和彦も調子よさそうなので、湾岸線から横羽線へ向かい、羽田で降りて、大師へ。なんだかんだ言いながら、息子が元気なので大師のHOMESへ寄って、オーケーへ。本当は、帰省していないはずの分を買い物してから帰宅しました。息子はきわめて元気です。
 夕食は、息子は小さなおぎにりを3個食べて、そのほかにもソーセージ、肉団子など結構たくさん食べて、さらにお菓子まで食べました。大丈夫かな?とこちらが心配になるくらいです。その間、テレビは、コナンから志村動物園までずっと見て、そのあとお風呂へ。お風呂は、オーケーで買ってきたポケモンシャンプーで洗髪。まったく問題なしです。
 しかし、お風呂をあがってから、髪の毛を乾かしているうちに、おなかがいたいと言い出して、さらに吐きそうだということで洗面器を用意しましたが、そのまま、居間で横になっているうちに寝てしまいました。居間は、カーペットなので少し硬い床なのでミッフィーの毛布を敷布団代わりに追加して、様子見です。
 さて、明日は、調子がよくなっているとよいのですが。
 小さな子供は何があるかわかりませんね。

PS.
 明け方、息子はむくっと起き上がり、「??」と何か探しています。「何を探しているの?」と聞いてもごぞごそ。「!!」と思って、「ゴマちゃん?」と聞くとうなずくので、布団の中から探し出して手渡して、「安心して寝なさい」というと、「硬い!」と一言。やっぱり、居間のカーペットの上では硬かったのですね。「じゃあ、寝室のベッドで寝よう」というと、ゴマちゃんを連れて寝付きました。
 私は、ほとんど寝れないままでしたが、このあと少し寝て一安心でした。

2010年10月20日水曜日

スマートグリッドについて その1

CEATECへいってきましたが、日産自動車さんがこんなビデオを公開していたんですね。


 さて、こういうコンセプトは、すぐにでも実現できるかというと、なかなか難しい技術的な課題があります。そのひとつは、同期化力と電力系統の制御でしょう。
 電力というのは、発電所で作られます。それは、同期発電機という発電機で作られており、東日本では50Hz、西日本では60Hzという周波数になっています。すなわち、一秒間に50回もしくは60回正弦波という波が発生しているということです。これは、すべての発電所の発電機で一体化しており、同じタイミングでプラスになったりマイナスになったり(正確には位相がありますが)を一緒に繰り返しているということです。そして、それは大きな力となり、電力系統全体がその波によって動いているわけです。この同期発電機というのは、発電する力そのものがこの波を引っ張っているので、電力系統にモーターをつないで何かをまわそうとすると、発電機の力がそのままモーターに伝わって回転すると思えばよいでしょう。
 ところで、じゃあ太陽光発電はどうかといえば、回転機による発電ではないので、この波に乗ることはできません。波に乗るためには、その波にあわせて正弦波をつくらなくてはならないのです。これをおこなっているのがインバータという装置です。電力系統がどういうタイミングで波を作っているか見ていて、それにあわせて作った波で電力を送るわけです。ですから、モーターなどをつないでも、同期発電機のように、そのモーターを引っ張って回してくれるわけではありません。ほかのインバーターで接続された機器にはエネルギーを送れますが、同期化力はないわけです。これは、風力発電なども同じです。
 今は、同期発電機が一生懸命がんばっていて、そこにインバータが入ってくるので、量が少ないうちは影響がないわけです。しかし、あまり多量にインバータの電源が入ってくると、50Hzあるいは60Hzという周波数を守るのが難しくなってくるのです。基準となり、引っ張ってくれていた同期発電機たちが協調して動けなくなるのです。それが顕著に出るのが、雷などで送電線が止まった時です。インバータが多量に接続された電力系統をどうやって安定させるか。そこが課題でしょう。
 日本の電力系統は、すでにスマート化されているといわれていますが、こういった新しい電源が多量に入ったときにどうやって安定さていくかというのが、日本版スマートグリッドでしょう。
 太陽光発電も風力発電も、もちろんEVも良いですが、そちらの開発だけ進めば、スマートシティが実現するとか、スマートグリッドだというのは、一面的な議論でしょう。
 もし、この世の中から同期発電機あるいは同期電動機というものをなくしてしまって、すべて直流送電で実現するというなら、まったく課題となる点は変わります。しかし、現在あるものをなしにするということは現実的ではありません。ですから、どうやって円滑に次世代に移行するかを考えなくてはなりません。本当に環境にやさしい社会を築きあげるにはどうすればよいか、イメージだけではなく、本質を見失わないようにすすめなくてはいけないと思うわけです。

 EVが欲しいので、マンションから一戸建てに引っ越したいなぁ、と思います。一戸建てにすれば、オール電化も太陽光発電もできるなぁ、とも思います。イメージのエコな世界を実現するためには、まだまだがんばらねばならないと思うしだいです。

2010年10月18日月曜日

ゼロ・エミッションという考え方

 ゼロ・エミッションという言葉を最近聞きます。
 Wikipediaによれば、こういうことだそうです。
 ゼロ・エミッション
 さて、この言葉、私はどこで聞くか(目にするか)というと、ここです。
 日産ゼロ・エミッションサイト|日産リーフ|コンセプト

 これからの世の中、環境を意識しないといけないと言いますが、それだけではありません。ガソリン車に比べて、電気自動車というのはエネルギー・セキュリティの上でも重要な位置を占めています。
 ガソリンは、中東などの特定の地域に依存しており、政情の不安定な地域性もあり、一時期は原油価格の高騰があり、価格不安も起きました。電気自動車はどうかといえば、原油・天然ガス・石炭・原子力・水力そして最近では風力や太陽光なども発電に利用されかなりリスク分散が進んでいるといえます。もちろん原油価格が安定していればそちらの方がコストが安いということもあるかもしれません。しかしながら、自動車のような長期間保有する資産の場合は、リスク回避は不可欠です。
 電気自動車のメリットは、それだけではありません。
 まず、排気ガスの問題。電気自動車は、排気ガスがありません。これはまず何より、健康への影響が少ないということですね。
 さらに、騒音が少ない。静か過ぎて、音を出す装置をつけるくらい静かです。これもまた、騒々しい都会で生活している人たちにはとても良い環境を提供してくれることでしょう。今後、トラックやダンプカーなどが電気自動車になれば、ますます社会が変わること間違いありません。
 自動車だけが電気になるかといえば、そうではなく、バイクも電気バイクになるでしょう。50ccの原動機付き自転車は、早々に電気化されるのではないでしょうか。もちろんすでに、自転車は電動自転車になってきています。そういう小型の近距離ニーズのビークルは電動になるのも早いでしょう。

 しかしながら、それよりもっとゼロ・エミッションなのは、自転車ですね。都市を設計する際に重要なのは、いかに自転車を人と一緒に移動させるかということかもしれません。それによって、電化された公共交通機関と自転車により、格段と行動範囲が広がったライフスタイルが描けるかもしれません。
 さらには、ベロタクシーのような交通機関が増えていけば、お年寄りにも過ごしやすい都市が形成できるかもしれません。なんといっても、自動車は、他人との接点がない閉鎖された空間ですが、公共交通機関は、開かれた空間、ベロタクシーなんて、もっと人との接点がある乗り物です。

 さて、そうは言っても、今の都市生活は、ガソリンによって成り立っています。たとえば、ごみの処理。ゴミ収集車が、朝早くから都会のごみを集めてくれるから、都市生活は成り立っているわけです。ガソリンがなかったら、あっという間に都市生活は崩壊します。食料の供給も滞って、ごみの収集も滞る。
 そうならないように、リスクヘッジで輸送手段の電化・電気トラックなどの開発が必要なわけです。もちろん、下水道にならって、地価にごみ輸送のためのトンネルを用意して、電気で運ぶということも考えられますね。電化することで、排気ガスもなくなり、リスクヘッジもできるわけです。

 もうひとつ、電気自動車が増えると変わるのは電気の使い方です。太陽光や風力といういつ発電できるかわからないあてにならない発電装置を、電気自動車というバッテリーで補完するということです。もちろん、それによる電力系統の不安定要因を取り除く必要があるわけですが、課題が明確になっていれば、解決は簡単。日本のエンジニアは優秀ですから、それほど問題にはならないでしょう。

 こうやって見ていくと、バッテリーの発展が、電化社会を支えている構図も見えてきます。そして、それはエネルギーセキュリティ上のリスクヘッジでもあるわけですが、一方、バッテリーがリスクになるということも意味しています。たとえば、レアメタル。

 しかし、向かうべき世界は、この方向であることは間違いない。そして、そこには社会のあり方も変える何かが待っています。今と同じライフスタイルで、ゼロ・エミッションではなく、近所付き合いも含めた社会生活のあり方が問われているのです。自然環境だけでなく、人間環境も改善されなければ、幸せな人生をすごせる社会はできません。自分だけが良ければそれでよいという社会は、すでに終わりました。どこを目指すべきかは、私たちに任されています。今こそ、行動すべきときでしょう。

 レスター・ブラウン EarthPolicy Institute(アース・ポリシー研究所)所長 WorldWatch-Japan.org
 [介護予防・メタボリックシンドローム予防]つくばウエルネスリサーチ

2010年10月16日土曜日

いいじゃんかわさき



いいじゃんかわさき

銀柳街の秋祭

 今日は、川崎駅の東口で、「いいじゃんかわさき」と、「銀柳街の秋祭」が開催されていたので行ってきました。私の家は、川崎駅の西口なので駅の改札前を通り抜けて東口へ。ラゾーナ川崎へと向かう人の波に逆行して歩いていったのですが、東口のイベントなんて関係なくどんどん人が入っていくのを見て、改めてラゾーナのすごさを感じました。
 というわけで、まずは銀柳街へ。人はそこそこ出ているのですが、盛り上がりはもうひとつの感じが。息子も、「いいじゃんかわさきは、これで終わりなの?」というので、「東田公園にいかないとね」といいながら、仲見世通りを進みます。途中は、飲食店が多いので、ビールやカクテルなどお酒を出す出店がほとんどで、子供向けというのはあまりありません。私は、ビールの誘惑に負けずになんとか東田公園に。
 東田公園には、結構な数の子供たちがいて、「ふわふわゆめごん」や「移動動物園」に行列していました。私も息子と一緒に行列に並んで楽しんできました。息子は、「ふわふわゆめごん」で大喜び。「ひよこ」と「うさぎ」「モルモット」に触って、新たな体験をしてきたようです。特に、「ひよこ」を手のひらに載せたのは嬉しかったようです。東田公園には、三菱自動車のアイミーブも展示してあったり、東芝のLED電球などECOの展示もありました。清掃局のパッカー車へのごみの投入体験もあったようですが、これはできませんでした。イベントステージでもいろいろな音楽が奏でられておりなかなか楽しい広場です。
 東田公園を出て、市役所方面へ。平和通りの遊遊ステージでは、中学生の吹奏楽が行われており、なかなかの演奏に喝采が沸いていました。私は、もっと聴いていたかったのですが、息子はフリーマーケットのおもちゃに視線が釘付け。しょうがないので、「あっ!SLだ!!」と、ミニSLに注目させておもちゃをスルーしました。ミニSLは、ちょうど蒸気機関車が交代する時間だったのですが、1回待ちで乗れました。
 そんなこんなで、さらにイベントをあとにしてから買い物が続いたのですが、まあそれはよしとして、あらためて川崎駅東口の商店街は、古いお店がいろいろとあっておもしろいところだなと思い知らされた一日でした。なんとなく、夜の飲食店のイメージだけで荒れた感じがしていましたが、飲食店も地元密着型の店が多いように感じられて、「イメージだけで判断すると本質を見失う」という言葉を思い出しました。
 明日(17日)も、このイベントがありますが、明日はなんといっても「水鳥の祭」も大師であることですからどちらに行こうか迷ってしまいます。

10月は!! フェスティバルなかわさき(景品が当たる!! タッチラリー開催!!)

2010年9月23日木曜日

たばこのけむり

 朝起きて、「さて、窓でも開けて朝のすがすがしい空気を!」と思って窓をあけると、とても気持ちが良いものです。と、いうのは、しばらく前までの話。最近は、朝窓を開けると、タバコの煙が部屋の中に入ってくるようになりました。まったくすがすがしい朝ではなく、不快な朝となってしまいました。
 元々、私の住むマンションは、北側に隣接して別なマンションが建っているのですが、その北側からタバコの匂いが特に多く入ってきます。そのため、北側の部屋は、窓を開けるとまるで喫煙ルームのように臭くなり、クローゼットの服に匂いがつくような状況です。
 そんなわけで、北側の窓をあけないようにしたところ、実は、南側の窓からもタバコの匂いが入っていることがわかりました。これは明らかに同じマンションのいずれかの部屋の住人の方が、ベランダで喫煙しているということですね。いわゆるホタル族というやつでしょうか。しかも、1軒ではなく複数のようです。
 健康増進法に受動喫煙の防止が明記されてから、私の勤める企業の中では、喫煙ルームが以前より少なく(約半分)なり、しかもその煙が外にもれないようにかなりのお金をかけて条件整備をしたようです。そのため、社内でタバコの煙に遭遇することはなくなりました。また、公道でも千代田区などは率先して歩行喫煙を禁止するように取り組んできたため、歩いていてもタバコの煙に遭遇することは少なくなりました。
 しかし、どうも住宅における受動喫煙の防止については、まだまだ遅れているようです。会社の同僚などに聞いてみたところ、一戸建てでも隣の家からのタバコの煙が問題らしいです。タバコを吸う人が自分の家の中で吸ってくれれば良いものを、家の中に脂がつくなどの理由で、外で吸うことが増えているのが原因のようです。自動車においても同様の傾向があるのでしょう。窓をあけてタバコを窓から外に出して吸って、吸い終わるとそのまま道路にポイ捨てするドライバーもいるようです。
 10月からは、タバコが値上がりになりますが、これによってこういった住宅での受動喫煙などの問題が少しでも改善されると喜ばしいのですがどうなるでしょう。少なくとも、まず自分の周りの煙や匂いが少なくなって欲しいと願うばかりです。

参考URL:
「子どもに無煙環境を」推進協議会
おしえて!HOME'Sくん - マンションベランダの喫煙

2010年9月21日火曜日

ガムのポイ捨て

 伊東へ行った帰り、すっかりガソリンがなくなった車にガソリンを入れようと、いつもと違うガソリンスタンドで給油したのですが、その時悲劇は起こったのです。ガソリンを給油し終わって、さて一路家へと思って車をスタートさせたのですが、何かがおかしい。「ん?」と思うと、右足の踵がフロアマットに固定している感じがするのです。右足を上げてみると、粘着質の感触が。「あっ!ガムだ!!」と思ったときは、もう遅い。靴の踵と、フロアマットにしっかりとガムがはりついていました。私の人生で、こんなにおもいっきりべったりガムがくっついたのは初めてで、すごくショックでした。
 帰宅後、靴とフロアマットからガム取り作業です。カーペットクリーナーと、落書き落としのケミカル剤で落としていくと、徐々に落ちてきて、10分くらいでそこそこ落ちました。ひとまずほっとしました。

 しかし、ガムを平気で道路などへはき捨てる人がいるのは、信じられないです。マナーの欠如という言葉だけではひとくくりにできません。ガムをはき捨てる人は、他人がはき捨てたガムを踏んづけたりしたら、普通よりすごく怒るのではと思いますが、自分がやっていることはまったく頭をよぎらないでしょう。最近は、「人に厳しく自分に甘い」自己中心的な人が多いので、ガムのポイ捨てなどはなかなか減らないかもしれません。自衛手段は、「気をつける」と「神に祈る」くらいしかないかもしれない。

Webで検索してみたら、ガムのはがし方っていろんなところに書いてあるのですね。
ガムの取り方
ガムが○○にくっついてしまった。 お口の恋人 ロッテ|お客様相談室
衣服に付着したガムの取り方。 - Yahoo!知恵袋

2010年9月20日月曜日

伊東温泉

 伊東温泉に行ってきました。
 泊まったのは、ハトヤホテル。テレビの宣伝でおなじみのホテルです。行くと決めたのが、3~4日前だったので、ほとんどのホテルは、予約がいっぱい。しかも、子供連れなので「バイキング」のホテルを探したところ、ハトヤがヒットしました。それも、海沿いのサンハトヤは予約満杯。ハトヤの部屋も、通常より高めの広い部屋でした。値段は、しょうがないですね。
 行きの高速道路は、首都高の渋滞で予定外の時間がかかりました。通る道を間違えたのですね。一般道を行って、東名に乗ったほうが早かった(^^)予想外に時間がかかったので、海老名サービスエリアで昼食にしました。そのあと、厚木から小田原厚木道路を通って西湘バイパスへ。このあたりから少しずつ渋滞。真鶴道路は、かなり混んでいるようだったので一般道へ。しかし、それでも熱海までまた渋滞。熱海から先は、比較的空いていましたが、結局到着したのは15時過ぎ。途中の昼食を入れて、5時間以上かかりました。少しげんなりです。
 到着して、案内された部屋は、13~14畳くらいある部屋と、8畳くらいの2間ある部屋で広くてびっくりしました。案内の方から、「4時に、サンハトヤの海底温泉行きのバスがでます」といわれて、早速準備して出発しました。海底温泉は、プールと温泉に別れていて最初はプールへ。すでに屋外プールは、営業が終了していたので屋内だけでした。そのあと温泉へ。ここには、壁面が水槽になっていて魚が泳いでいました。行く前に想定していたよりは、プールも温泉も少し小さめでしたが、まあ、満足。再度、バスに乗ってハトヤホテルへ戻り、少しゆっくりしてから、夕食へ。夕食は、バイキングだったので、いろんなものが食べられて、子供の目移りにも対応できて作戦通りでした。夕食後は、一休みしてから、またお風呂へ。大きなお風呂は良いですね。
 翌日は、朝起きてすぐお風呂に入って、そのあと朝食へ。朝食もバイキングでおいしくいただきました。チェックアウト後は、さてどこへ行こう?ということで、まず、伊東マリンタウンへ。しかし、時間が早かったせいか、お店が開いていないので、今日の作戦を立てて、飲み物を買って出発です。行ったのは、伊豆修善寺の虹の郷です。一山超えることになりますが、せっかく伊豆へきたので伊豆のどこかへということで考えました。南伊豆まで行くと、帰りが大変そうなので、このくらいの距離で良いかなと思いました。
 虹の郷では、最初は、SLに乗りました。そして、中で少し遊んだ後は、バスで周遊。幼児が遊ぶには、もう少し何かあると良いかと思いました。息子は、いろいろとおみやげ(おもちゃ)が欲しいと騒ぎましたが、なんとかなだめて再出発。
 沼津に向かって進むうちに、お昼の時間が近づいてきました。道の駅伊豆のへその看板が見えて、「こちら」という方へ行ったのですが、なぜか見つからず、そのまま沼津方面へ。途中で交通事故(追突?)があり、渋滞していたり、なかなか到着しません。そして、伊豆村の駅という看板が、多くなってきたので、注意して見ているとみつけることができました。息子は、村の駅のひとつ先にある「すき家」の看板に目が奪われ、「すき家じゃないといやだ!!」と言い出しました。結局、すきすきセットを注文して持ち帰り。私たちは、村の駅のパンやさんで購入して、高速のパーキングででも食べようかと思ったのです。しかし、道路は渋滞。すでにお昼の時間もかなり過ぎて息子も「おなか減った~!」と騒ぎます。カーナビを見ていると、途中に公園らしきものが。ここならベンチもあるかも、駐車場はあるかな?と思っていると、「柿田川公園P」の看板が。到着したのは柿田川公園。駐車場は、ほぼ満杯でしたが、運よく開いている場所があり、すぐ停められました。公園内に入ると、さっそく息子が「おしっこ!」初めての公園でどこへ行けば良いかわかりません。動物的直感で、「こっちだ!!」感はみごと的中し、トイレもあり、広い広場にベンチがたくさん。すばらしいぞ<自分。その広場で昼食にして一休み。この公園、なかなかのものですね。
 公園を出ると、さっきまでの渋滞はかなり緩和していて、沼津インターまでそこそこの流れでいけました。沼津インターに近づいてくると、沼津グルメ街道の標識が。お土産を買っていってもよかったのですが、家族3人だし、息子がおもちゃが欲しいと言い出すのが見えていたのと、高速の渋滞を予想して今回はパス。次回は、ぜひ寄りたいところです。
 高速に入ると、快調そのもの。鮎沢PAでトイレタイムにしましたが、まったく渋滞なしで川崎へ。予定よりかなり早い16時前に到着です。
 1泊2日で、渋滞が多かったので運転疲れと、風邪と飲酒とサウナと温泉というやってはいけないの重ねあわせで体調不良となり、帰るなり寝込んでしまいました。なさねなし。次回は、体調を整えて、もっと温泉を楽しんできたいものです。やっぱり温泉は良いですね。


2010年9月12日日曜日

新しいパソコンが到着

 当初の計画では、ubuntuのマシンを下取りに出す計画だったのですが、少し違ってきました。
 NECのValuestarは、水冷マシンだったのですが、その水冷装置が壊れたようで、簡単には修理できないことがわかりました。しょうがないので、結局NECのValuestarを下取りに出すことにしました。
 新しいPCは、土曜日の14時頃到着しました。マウスコンピュータのホームページでは、当初の9月10日出荷予定という予定どおりに出荷されて11日の到着となりました。ひとまず、周辺機器のデバイスドライバ関係からつぶしていったのですが、32ビットから64ビットになることでドライバ探しを慎重におこなって、動作環境をチェックしながら進めました。今のところなんとか問題なく進んでいます。それと、よい機会なのであまり使用頻度の高くないソフトは別なPCに住み分けするように考えながら進めています。
 やや、誤算だったのは、今回メインのHDDを40GBのSSDにしたのですが、到着時に30GB近く使っていて、残りが10GB程度しかなかったことです。いくつかのソフトをインストールしていくうちにだんだんと減ってきて、残り7GB程度です。ユーザ領域は、もう一台の1GBのHDDに移動したのですが、アプリをSSDに入れるとこうなってしまうのですね。そのうち、80GBのSSDに装喚しようかと早くも思案中です。
 これから、考えているのはEclipseAndroidの開発環境のインストールなのですが、これは明日以降徐々にやっていこうと考えています。
 体感的にはかなり速くなっています。CPUが高速になった上に、SSDにしたことで格段の差があります。また、余計なソフトが(まだ)入っていないので速いのでしょう。
 しばらくしたら、開発環境でどうかを定性的に(定量的には大変なので)レポートします。Cerelon2.0GHzとPentium4 3.0GHzそしてCorei7の違いやいかに。

2010年9月7日火曜日

「20歳のときに知っておきたかったこと」から得たもの

 自分の生活の中にさまざまな問題があり、にっちもさっちもいかない状態になった時、自分の無力感にさいなまれて、へたするとノイローゼになってしまうかもしれません。私も、いろんなところで問題にぶち当たり、どつぼにはまるような日々を過ごしています。
 そんな時に、以前購入して読んでいなかったこの本をふと手に取って読んでみました。
 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義
 そこには、「課題があるということは、解決する対象があるということだ」というようなことが書いてありました。そして、それはさまざまな解決策によって、いろんな解決がなされる。そして、その解決案を考えるための思考回路を作っていくことが大切だという示唆がありました。
 以前、
問題発見プロフェッショナル—「構想力と分析力」
という本を読んだことがありますが、一般には、「問題解決手法」に関する本ばかりです。しかし、実は問題発見こそが大切なのです。そういう視点で見れば、問題が目の前にあるということは、発見するまでもなくあるわけですから、これは逆に言えばすごいチャンスだと言うことです。
 しかし、それをチャンスにするためには、問題をどう解決するかという思考回路を形成しておくことが必要だということです。そういう思考回路がないと、「問題=ネガティブな問題」になってしまいます。しかし、「問題=ポジティブな問題=チャンス」と捉えるには、トレーニングが必要だと。
 私も、少しずつトレーニングして、「問題=チャンス」ととらえられるような思考回路を形成したいと思うわけです。そして、思うだけでなく、少しずつそれをやっていくことにします。その成果は、どうなるかわかりませんが、「問題」や「課題」をチャンスととらえるようなポジティブな発想を思いついただけでも、すでに成果かも知れません。

2010年9月5日日曜日

ふれーゆ

 鶴見にあるふれーゆのプールに行ってきました。昨年は、結構プールに行ったような気がしましたが、暑い今年の方が行っていませんでした。
 ふれーゆに行った時に目についたのは、フタッフが着ている「SAVAS」というトレーナーです。川崎市のプールも明治製菓に管理が委託されたと聞いたのですが、横浜市も明治製菓が管理しているプールがあるようですね。明治製菓のスポーツ事業の責任者は、私の高校時代の同級生なので、なんとなく、「頑張っているなぁ」という感じがして、こちらも頑張らねばと思った次第です。
 しかし、プールは楽しいですね。また、行きます。

2010年9月4日土曜日

パソコンが壊れました

 家でメインで使っていたデスクトップPCが壊れました。NECのValuestarの水冷式のPentium43.0GHzマシンですが、昨日の夜にいきなり電源が落ちてグラフィックが表示できなくなり、再度立ち上げたら、すぐに主電源が落ちて、マザーボードだけが生きているような状況になりました。そして、今朝、電源がまったく入らなくなりました。おそらく電源の故障だと思うのですが、今は、家に予備の電源もなく、修理に出すと5万円以上かかるとのことなので、ひとまず新しいPCを発注することにしました。
 これからやることは、2つ。ひとつは、壊れた電源の復活。そして、新しいPCのセットアップ。
 今日の午前中、いろんなPCを物色して、結局は、マウスコンピュータのCorei7のマシンを注文しました。約1週間で到着する感じですね。基本的には、Eclipseなどの開発環境が使えれば良いのですが、Androidの開発には、高スペックが必要な感じがして、Corei7にしました。また、デジカメの編集ソフトやウイルス対策ソフトの負荷もかなり重いように思いますので、現時点での価格と性能のバランスのとれた選択かと思います。総額13万ちょっと。かなり重い負担ですが、こればかりはしょうがないです(;;)
 Celeron2.0GHzのPCでubuntuを動かしているのですが、これを下取りにだして、壊れたマシンを修理してubuntuにするというのが当面の計画です。
 ちょっと昔は、こういうことが面倒ではなかったのですが、最近は他にやりたいことが多くて、ちょっと面倒だと思っていました。そのせいで、メインのマシンを移行しないですませていたのですが、この機会にしっかりやりたいと思います。
 さて、これからどうしよう(@@)

2010年8月29日日曜日

ズーラシア


 近所の新聞店からズーラシアの無料入場券をもらったので、行ってきました。ズーラシアまでは、車で30~40分です。昨日も、出かけたので、今日は半日コースでお昼を食べに行くつもりで行ってきました。
 園内に入って、少し歩いたところに、バナナの木がありました。息子の絵本に「バナナのはなし」というのがありましたが、そこに「バナナは、どうやってできるの?」という説明があり、それの実物がそこにありました。写真は、バナナのホウです。これが、バナナの実となるわけですね。勉強になります(^^)

 以前、ズーラシアに行ったときには予告だけだった「オカピバス」が今回は走っていました。「オカピバス」は、停留所に到着すると、目をウインクして愛嬌を振りまいていました。中も動物園の雰囲気でなかなかおもしろいかなと思います。しかし、オカピのいる場所と園の入り口を結んでいるので途中をショートカットしたい時は良いですが、じっくり見るにはやなり歩きですね。
 今回残念だったのは、暑い時間だったせいか、ホッキョクグマに会えなかったことです。私は、それが目当てとも言えたので残念でした。また今度会えるといいなぁ。

2010年8月28日土曜日

船の科学館

 今日は、午後から松戸まで出かける用事があったので、午前中、お台場に寄っていくことにしました。そして、どこに行こうかと考えた末、船の科学館にしました。
 こういった科学館へ行くと、いろんな新しい知識が習得できてとても面白いです。途中に、同期発電機を2台同期させるゲーム(?)がありましたが、商売柄、上手にやってみせて妻と息子の尊敬のまなざしをあびてきました(^^)
 昼食は、4階のレストランでバイキング。値段の割に、見晴らしもよく、料理もおいしかった。また行ってもいいかもしれません。混雑具合もそれほどでもなかったので、おすすけかも。



2010年8月27日金曜日

小田原城カントリー倶楽部でゴルフそして天金

 小田原城カントリー倶楽部でゴルフをしてきました。
 午前中は、少し雲がかかって直射日光が遮られていて、ほどほどの暑さでした。それでも、午後は夏の日差しが戻ってきて、かなり暑くなって、水分補給に気をつけてプレーしてきました。久しぶりのゴルフだったので、スコアはガタガタでしたが、見晴らしの良い山の上だったので相模湾を見通せる箇所がたくさんあり気持ち良い一日でした。
 ゴルフ終了後は、いつもの小田原駅前のお店・天金で打ち上げをおこないました。天金は、ちゃきちゃきとした店員さんのお店で、料理もおいしく小田原城カントリー倶楽部でゴルフをしたあとは、毎回ここと定番になっています。そして、いつもの「おれの酒」。「あんまり飲むなよ」と書いてありますが・・・(^^)










2010年8月25日水曜日

コカコーラのビーチサンダル

 帰省していたときに、コカコーラのシールのポイントを登録したら、10ポイントくらいになっていました。それ以前にもトライしたのですが、通算20~30ポイント全部「残念」でした。
 それでも、またトライするかぁ、とやってみました。
 ビーチサンダル。息子が何回かトライしているうちに、「あれ?今、あたってなかった?」息子は、いつも「残念」が出るので、よく見ないで「次へ」をクリックしていたのでした。しかし、あたっていた。あたったのは、「さまーずデザイン」のビーチサンダル。もしかして、と思い、次も「さまーずデザイン」に応募するとこれまた「当選」。それ以降は、別なデザインにトライしましたが、すべて「残念」ということで、「さまーずデザイン」のビーチサンダル2つをGETしたのでした。
 そして、到着したのがこれです。大きな缶でびっくりしました。息子も大喜びでよかったよかった。

2010年8月23日月曜日

帰省

 20日から、23日まで須賀川に帰省してきました。
 20日の高速道路は、平日ということもあり、かなり快適でした。渋滞もまったくなく、途中で休憩を適宜とりながらでも、4時間かからずに帰省できました。いつもこんな交通量だったら楽ですね。お盆と1週間ずれているのと、1000円高速ではなかったのが要因でしょうか。
 21日は、須賀川市の花火大会でした。
 釈迦堂川全国花火大会|須賀川市
 年々、打ち上げ位置が北側に移動してるような気がしますが、それでも私の家の2階から見ることができます。願わくば、もう少し、東側の窓が大きければ、もっと楽なのですが。2尺玉は、都会の花火大会ではなかなか見れませんが、須賀川の花火大会では計5発打ち上げられて、なかなかの迫力でした。
 22日は、一日ゆっくり。午後からは、息子を連れてムシテックワールドへ行ってきました。あまり子供を連れて遊べる場所が多くないので、ムシテックワールドは貴重な場所です。毎回帰省の度に行っているような気がします。息子は、虫より飛行機や工作の方がおもしろいようです。家では、蟻を飼ったり、ダンゴムシを飼ったりしているのですが、外で虫にあうと怖いようで、まだまだです。そのうち他の昆虫にも興味を持つかもしれません。
 かくして、23日に帰京したわけですが、環状2号線を走ってみようとしたのが失敗。大橋ジャンクションの渋滞にはまって、1時間くらいロスしたでしょうか。最後が1車線になっていてそこが渋滞のボトルネックでした。知っていたら、走らなかったのに(;;)

2010年8月19日木曜日

箱根で黒たまご

 今日から、夏休みということで、帰省前に、日帰りで、箱根に行ってきました。
 出かけるのが遅かったので、大涌谷と芦ノ湖だけでしたが、面白かった。
 最初に、大涌谷に行き、黒たまごをGETしてきました。硫黄の匂いがすごく立ち込めていて、息子はむせ返っていました。駐車場は、程々の混雑で10分程度の待ち時間という感じでした。お盆過ぎの平日にもかかわらず、結構な人出ですね。
 そのあと、芦ノ湖の湖尻に行き、モーターボートで芦ノ湖1周してきました。遊覧船もよかったのですが、70分かかるのと、出航時間までの待ち時間がかなりあったので、モーターボートにしました。モーターボートは初めてでしたが、とてもよかった。
 今度は、ゆっくり温泉にでもつかりに来たいものです。






2010年8月17日火曜日

OracleがGoogleを提訴

 OracleがAndroidのJavaに関してGoogleを提訴したそうです。
 つい最近、Linuxに関するSCOの訴訟が最終決着したばかりですが、
米SCOのLinux関連訴訟が遂に最終判決 - Linuxレポート:ITpro
また、訴訟ですね。
 私の世代は、ちょうどSunが設立された頃に大学院を修了するころだったように思います。卒業してまもなく大学へ行くとSun3があり、X-Windowに驚きを覚えた記憶があります。また、Javaが発表されたあと、Write Once Run Anywhereという考え方に感動したものです。そして、仕事でもSunのサーバやワークステーションを使ってシステムを構築してきたので、まさにSunが私のコンピュータ人生に大きな位置を占めてきたわけです。
 そのSunがOracleに買収されたとき、とても不安な感じがしました。Sunは、どちらかと言えば商売上手ではなく、技術指向の強い会社だったと思いますが、Oracleは全く逆で、マーケティング指向の商売上手な会社、もっと言えば狡猾な会社というのが適切でしょう。Sunは、会社文化的には、Googleに買収されるべきだったのでしょうが、ビジネス的にはOracleとなったということでしょう。残念な結果です。そしてその結果、今回の訴訟となったわけです。
 Linuxに対するSCOの訴訟と同じように、また、長い時間がかかるのかもしれません。しかし、Linuxの訴訟の時に、ユーザーが離れていってLinuxがしぼんでいったということがなかったのと同じように、Androidに関しても、これでダメになることはないでしょう。むしろ、今まで以上に、注意深く展開して行くことだと思います。それは、なぜかと言うと、Oracleが求めているものは、「お金」だからです。「お金」さえ手に入れば、Oracleは、Androidがどうなろうと関係ないのです。であれば、結局はどこかで和解ということになるでしょう。
 少し前に、「強欲資本主義」という言葉を聞いて、なるほどと思いましたが、今回もそういうことなのでしょう。
 強欲資本主義 ウォール街の自爆 (文春新書) [新書]


関連報道:

Oracle、Googleを提訴――AndroidのJava特許侵害で (1/2) - ITmedia News

米オラクル、「Android」の「Java」に関しグーグル提訴 : インターネットコムニュース : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

米OracleがGoogleを提訴、AndroidのJava実装が知的所有権を侵害 | 経営 | マイコミジャーナル

GoogleはOracleのパテント訴訟を根拠レスと一蹴, オープンソースいじめの悪行と呼ぶ

2010年8月15日日曜日

トランスフォーマーミュージアム

 今日は、横浜そごうで開催されているトランスフォーマーミュージアムに行ってきました。
 トランスフォーマーミュージアムということで、歴代のトランスフォーマーのおもちゃが展示してありました。しかし、子供たちは、トランスフォーマーのおもちゃで遊べるコーナーに群がって、ガチャガチャやっています。うちの息子も、3~4体ガチャガチャやっていましたが、なかなかトランスフォームできなく苦労していました。一緒に1体だけトランスフォームさせてなんとか満足したようです。
 おもちゃは、買ってきませんでしたが、ガチャポンでストラップを買ってあげたのと、Tシャツを買ってきたのですが、来年調度良いサイズでしょうか。
 しかし、トランスフォーマーの実写版は、リアルで面白そうですね。トランスフォーマーリベンジのプロモーションビデオが流れていましたが、ぜひ見たいものです。

 帰りに、横浜ベイクォーターのマックでおやつを食べたのですが、ここもいろんなお店がありますね。以前、2~3回来たのですが、ゆっくり見ることもなく通過しただけだったので、今度時間があったら、また来てみたいですね。


2010年8月14日土曜日

花火&BBQ

 今日は、息子の幼稚園でおやじの会が中心となって花火とバーベキューが開催されました。
 16時からだったのですが、幼稚園に到着したときにはもうほとんどの人が到着していたようで、4~50人はいたでしょう。もうどんどん焼きそばなどが出来上がっていました。私は、15時におやつのアイスクリームを(たくさん)食べてしまったので、会場についた時はあまりお腹がへっていなくて食が進みませんでした。それでも、ビールを(たくさん)飲んで楽しく過ごしました。
 子供たちが、花火を始めるころには、バーベキューの残り火の番をして、久しぶりに火と接しました。小学生の頃は、私の家は、五右衛門風呂で石炭でお風呂を沸かしていたのですが、それが私の仕事だったので、火を扱うと、とても懐かしい記憶が蘇ってきます。
 おやじの会のイベントは、参加したいと思いながら、なかなか参加できず、2年半にして初めて参加することができました。また、時間を作って参加したいものです。

2010年8月13日金曜日

aipo.comの移管完了

 aipo.comの移転が完了しました。
 NetworkSolutionsの内部で手続きする分には、比較的簡単に移転できることがわかったため、即日完了です。
 新しいサイトは、ブログ「CharaSite」は今までどおり、www.charasite.comです。
 「いちはら企画」は、www.charasite.netで運用予定で準備中です。
 最近は、ナレッジベースのシステムもいろいろあるようなので、Wikiをどうしようかは思案中です。無料のWikiもあるし、自分でやるより簡単でしょうか。

 aipo.comについては、エイムラックさまにより、広く知られるドメイン名になることでしょう。エイムラックさまの、今後のご発展を祈念しております。

2010年8月12日木曜日

マザー牧場へ行ってきました

 台風4号が襲来しているさなか、やっと取れた休日なので、少しでも台風から遠いところと考えて千葉はマザー牧場へ行ってきました。今週は、幼稚園が休みで、息子も妻も家の中にこもりっきりで煮詰まっていたらしく、天気が悪くても関係なしです。
 川崎から、アクアラインを超えて、しかし、今回は、”海ほたる”はパス。
海ほたるネット
 さすがに、お盆休みの人が多いせいか、”海ほたる”は、行きも帰りも渋滞でした。
 ”マザー牧場”は、曇りがちなせいか、駐車場はゴールデンウィークなどに比べればすごくすいていました。気温も、30度以上になるのではと予想していたのですが、小雨が降ってきたりして逆に肌寒いくらいでした。
 今回は、帰省をにらんで、「車用のインバーター」を買ったのと、NTTから「光ポータブル」が届いたことから、「車でパソコンを使う」というテーマも持って出かけました。パソコンの充電や「光ポータブル」の充電は、快調におこなえます。だんだんと、車の電子化が進んでいきます。
 マザー牧場の中までパソコンを持ち込むのははばかられます。以前解約した、HT-03AをWiFiモードで持ち込みました。私が契約した「光ポータブル」は、SIMロックなしのタイプで、e-mobileのSIMカードを入れて使っています。そのせいかどうかわかりませんが、マザー牧場の中では圏外が多く、途中で使うのをあきらめました。このあたりのエリアが改善されれば、eye-fiなどでも使えそうですね。
Eye-Fi メモリーカード: お使いのカメラからコンピュータやウェブに、写真や動画を直接アップロード。

 マザー牧場は、「サマーフェスタ2010」というイベントをやっていて、水遊びができるようになっていたのですが、小雨模様で残念なことになっていました。そのせいか、「あひるの大行進」には、「カッパマン」が登場して盛り上げていました。息子は、「ゴーカート」に乗ったり、「おもしろ自転車」に乗ったりと、乗り物がおもしろかったようです。

 マザー牧場は、いろいろな遊びができて、何度行っても楽しめそうです。今度は、天気の良い時に行きたいものです。

aipo.comの譲渡

 aipo.comというドメインを1993年以来運用してきましたが、エイムラックという会社にドメインを譲ることにしました。この会社は、無料グループウェア 『アイポ5』というプロダクトを持っていて、以前もドメインを譲って欲しいという話がありました。そして、今回、再度お話をいただいて、あらためて検討した結果、この会社ならドメインを譲ってもよいだろうという結論になりました。aipo.comというドメイン名が、エイムラックさんのさらなる発展に寄与できるとしたら、それはなによりです。
 ということで、今後はひとまず、charasite.comでブログを運用して、そのうちサイトは別途立ち上げる予定です。

2010年8月5日木曜日

8月になりました

 8月になりましたが、早々に誕生日を迎えて、また1歳齢を重ねる事となりました。
 自分では、20代の頃からまったく気持ちは変わっていないのですが、外部的な要因はどんどん変わっています。特に今気になるのは、目の見え方です。この1年くらいに急激に手元の見え方が悪化しているので、致命的な感じもします。
 元々、ソフトウェア開発者なので、ディスプレイが見えにくいとか、仕様書が見えにくいというのは生産性に大きく影響するので困り物です。近々、新しいメガネを用意しないといけないかなと思いつつ、日頃の不摂生から行くのが怖いという事情もあります。
 それでも、なんとかメガネを再調整しないと、仕事に支障が出そうなので観念して行くしかないかもしれないですね。

2010年7月29日木曜日

東芝が川崎に移転すると

東芝が川崎に本社機能を移転、13年に堀川町工場跡/神奈川:ローカルニュース : ニュース : カナロコ -- 神奈川新聞社

 川崎駅の西口は、どんどん再開発が進んで、残すところあとわずかとなってきました。ラゾーナ川崎隣接のオフィスビルは、建設するための地元説明会が開催されていましたが、そこにテナントとして入るのが東芝の本社機能のようです。最大で1万人が働くとなると、川崎駅の混雑はさらにすごくなるということですね。

 川崎駅の北口構想もありますから、しばらくはバタバタするかもしれないですね。
川崎駅北口自由通路等整備事業の進捗状況について

 そうなると、残すところは、ミューザ川崎に隣接する南側の土地ですね。ここはどうなるのでしょうか。

 そのさらに南には、川崎幸病院が移転しますし、川崎市住宅供給公社の分譲住宅もできるようです。

川崎幸病院新築移転計画事業概要(PDF:97KB)

川崎駅西口大宮町F街区分譲住宅計画が「長期優良住宅先導事業」の採択事業に決定。

 しかし、やはり東芝の本社機能移転は、インパクトありますね。
 川崎駅西口は、再開発地区とその隣接する一部を除いては、低層の住宅地区なので今後どうなっていくのか注目ではあります。

2010年7月27日火曜日

7月も終わりに近づいて参りました

 なんだかんだで、バタバタしているうちに7月も終わりにさしかかってきました。このところ気温もかなり上がってきて、連日35度を超える日々が続いています。梅雨時は、かなりジメジメして、夕方からのゲリラ豪雨があったので、反転、高気温が続くと体がなかなかついていかない感じがします。
 さて、このドメインはさておいて、aipo.comについて、譲渡の申し入れがあったことから、どうしようかといろんな意見がありましたが、「もういいんじゃないか」というのが大勢の意見であることから、私の管理しているドメインの棚卸をすることにしました。関係する皆様には、今後、どういうドメインになるか告知して行きますが、このcharasite.comは、残る予定ですのでここさえ見ていただければ大丈夫。
 しかして、メールアドレスの関係は、移行しなくてはいけないので、適宜移行中ですので、対応方よろしくお願いいたします。

 暑い日が続きますが、「ビールしか、受け付けない体になった」というようなメールが、連日舞い込んできますので、近いうちに、ビヤパーティーでも開催したいと思います。みなさんのご予定を調整の上、企画しますので、よろしくお願いします。

 なんだか、お願いばかりの告知になってしまいましたが、久しぶりの書き込みなので連絡とれていない方々もよろしくお願いします。

 ひとまず、それでは。

2010年6月22日火曜日

ポイントカードに嫌気がさします

 今時のちょっとしたお店は、どこへ行っても「ポイントカードはお持ちですか?」といわれます。それ自体に、あまり抵抗する気はなかったので、あちこちでポイントカードを作ります。でも、年会費をとるカードは作りません。しかし、そのカードの中でもクレジットカード機能のついたカードは、年会費とらなくて大丈夫かと思うわけです。年間に使っても500円とかそんなものです。で、支払いはというと、電子マネーになってるのでそちらもまたいろんな特典の紹介がウルサイわけです。このポイントカード、どこかで共通なカードを作ってくれればいいのですが、ツタヤのTカードにしてもマイナーなお店が中心であまり有効ではありません。私の家の近所では、ラゾーナ川崎のポイントカードと、ビックカメラ・ヨドバシカメラのポイントカードが重要になります。さらに、スーパーで買い物するにもサミット・オーケー・イトーヨーカドーなど際限がありません。デパートに行けば、高島屋・伊勢丹などなど。しかも、それを持っているのと持っていないのとでは、実質の割引率に大きな違いが出るので、「いらないよ」と無視するわけにもいかないのです。
 その結果、私のカバンの中には20枚近いカードたちが入っているのです。なんだか、バカらしいのですが、損得を考えるとしょうがないのです。ポイントなんかいらないよというお客を相手にしていないようで、高飛車な、いやーな感じを受けるのは私だけでしょうか。
 なんとか、「ポイントカードのない、買い物しやすい日本をつくる会」でも作って、自由は買い物をしたいと思うのは私だけでしょうか。
 そんなこんなで、Amazonでの買い物が増えていく私です。
 もはや、ポイントくれるといわれても、ビジネスモデルが崩壊しているように思います。カカクコムで安い店を探して、ポイントなんか関係なく買う時代ですから。

 それでも、”今”手に入れなくてはいけないものを買いに行くと、ついつい出してしまうポイントカード。嫌いだけど、嫌いになれないポイントカード。たまると嬉しいけど、実はそれは単なる本来の値引き分だと思うと、お店に縛られてるのがすっごいイヤなポイントカード。何枚も持ち歩くのにうんざりなポイントカード。面倒だから、ポイントカードなんていらないよーーーーーーーーー。

2010年6月13日日曜日

新江ノ島水族館に行ってきました

 昨日は、昼食を早めに食べて、息子と一緒に「新江ノ島水族館」に行ってきました。行きは、横浜新道を通って藤沢から江ノ島へ。カーナビの誘導が、どうしても江ノ島水族館の反対車線からのアクセスになるため、江ノ島側からになるように勝手にルート変更しました。横浜新道から藤沢までは結構な渋滞で、これは恒常化しているように思うのですが、原宿交差点の工事が終わればスムーズになるのでしょうか?なんだかんだで、1時間30分くらいかかって到着。駐車場もなんとか入れました。
 原宿交差点改良|よここくナビ
 もうこの季節になると、マリンスポーツは、花ざかりで、かなりの人の出がありました。海の家は、まだこれからみたいでしたが。

 新江ノ島水族館は、このところ来る頻度が増えてきたので、年間パスポートを申込みました。2回分の入場料で1年間ということなら、1年に複数回来るなら絶対お得です。申込書に記入して、その場でWebカメラで撮影すれば、すぐに会員証がもらえます。こりゃ簡単。マザー牧場の会員証は、デジカメで撮影してあとで受け取るパターンでしたが、こちらの方がお手軽で良いですね。

 入場後は、あちこち水槽を見て回ったのですが、息子はすぐ「おみやげ見に行きたい」というので、「おみやげ買っていくお金はないよ」というと「わかってる!!(プンスカ)」と言って、「見るだけだから」と口では言っておみやげコーナーへ。でも、いろいろ見たあと、「欲しいものがあるんだなぁ」などと言うのです。いつもの手口には、いつもの対応ということで、「おやつの時間だからとりあえず何か飲もうか」と飲食コーナーへ連れていきました。ソフトクリームを頼んだのですが、並んでいるうちに、「バナナサンデーがよかった」と目移りしだしたので、「この次来たときはそれにしよう」と言うと「うん。そうだね。そうする。」と、以前では考えられない良い聞き分けができるようになってきました。
 ソフトクリームを食べながら、海岸側のテラスに出るとこれが強風。とけてきたソフトクリームが飛び散って大変なことに。空中をソフトクリームの溶けた液体が飛んでいくのです。周りに人がいなかったからよかったものの、いたら大変でした。ベンチの前に大量にソフトクリームの点々がついたので、拭きとって早々に屋内へ。手もベタベタになったので洗ってやっと一息つきました。
 そこから、イルカのショーへ向かおうとすると、テレビゲーム機のような「くじ」マシーンでイルカのぬいぐるみくじをやっていました。どうも、ご来場者8,888,888人達成! 6月12日(土)、13日(日)は感謝プレゼント&感謝セール実施! | 新江ノ島水族館というイベントの一貫だったようです。息子は、満面の笑顔で「これがやりたーい」と言って、先にやっている子どもたちの様子を見ています。もう気持ちは完全にゲームです。前の子が4等賞でイルカをもらっているのを見て、「ああ、これは基本的には4等賞のイルカの値段がこのゲームの値段なんだな」と思ったので、これだけやりたいと言っているし今日だけの記念みたいだから良いかと思いトライすることにしました。お金を払って、さあ息子の番です。「このボタンを最初に押して」といわれてスタート。「大砲でここを狙ってね」といわれてダーツの画面にタイミングを合わせてボタンを押しました。「おっ、いいかも」と思って見ていたら、なんと「2等賞!!」でした。すごーい。息子は飛び上がって、「やったー」(本当はなんだかわかっていなかったかも)「赤と青とどっちのイルカさんがいいですか」と聞かれて「青がいい!」。袋をもらってイルカを入れると、もう離しません。そのあとイルカのショーに行ったのですが、もう気持ちはイルカのぬいぐるみ。大事に大事にもって歩いて、「もう帰ろう」(^^)
 時間もそこそこだったので、帰途につきました。

 帰りは、逗子から帰ろうかと思ったのですが、これが甘かった。いつもの大渋滞に巻き込まれ、2時間近くかかりました。息子は、途中でイルカを抱えて寝てしまいましたが、家が近づくと目をさまして、ちょっとキョロキョロ。いつもの寝起きの悪さはなく、手にしていたイルカをぎゅっと抱きしめて、ニコニコ顔になりました。

 次回からは、やはり電車で行った方がいいかなと反省しました。でも、60cmの大きなイルカを持って帰るには車で良かったかもしれません。何が幸いするかわからないところがまた良いのかも。天気も良かったし、イルカもあたったし、渋滞にはハマったもののそれはご愛嬌。とても良い新江ノ島水族館でした。

2010年6月11日金曜日

今年もクールビズ


今年もクールビズの季節となりましたが、今一つ気温が上がりきらずに、いつから半袖にしようかと迷う天候でした。巷にはまだまだ長袖や上着を着た人々があふれていますが、私は少し早めに半袖にしました。

半袖にすると、かなり楽と言うか、体が軽いです。ついでにもう少しダイエットして、本当の軽い体にならなくては。

そうは言いながら、今日も飲みに行っているようではダメダメですね。

2010年6月6日日曜日

Androidアプリの開発

 Androidのアプリを作ってみようということで、Pentium43GHzのWindowsXPのPCとCeleron2GHzのubuntu10.4のPCに開発環境を構築しました。動かしてみて、わかったのは、Emulatorがとても重いということです。Pen4のマシンはまだしも、Celeronではかなり起動に時間がかかります。
 先月も書きましたが、デスクトップPCの更新も選択肢にあることから、どこまでできるかは興味深いところです。

 先月書いた、複合機のリプレースは無事終了。MP730からMX870へと更新しました。使い勝手は、あまり変わらないですが、小型化しておさまりは良い感じです。印字品質などは比較していませんが、それなりにきれいです。変わったといえば、スキャナ。標準で添付されているソフトが変わったので、使い勝手もまた違うようです。これも今後評価していくことになるでしょう。

2010年5月16日日曜日

パソコン環境をWindows7に移行開始

 今まで、WindowsXPのパソコン2台とLinux1台で家のネットワークを構築していましたが、先週、Windows7のNotePCを購入して、いよいよWindows7の環境へ移行を開始しました。
 新たに購入したのは、LenovoのG560 06792HJです。新橋のヤマダ電機で62,700円のポイント22%で購入しました。プラスして、2GBのメモリを追加して4GBとしました。これは、妻のPCとなります。そのため、今まで妻が使っていたVAIO TypeGは、私が使うことにしました。
 私のデスクトップPCは、HDDがそろそろ一杯になってきているので、これも更新を考えています。しかし、一時期に全部というのは大変なのでちょっと思案中です。とりあえずの対応策は、RAID1で使えるNASを導入するということにしました。現在のNASは、250GBなので、次のNASは、2GB(RAID1だと1GBですね)のNASにしました。
 さて、WindowsXPからWindows7に移行したとき、何が問題かというと、プリンタです。家で使っているCANONのMP730は、NetHawk Wireless-Print11というネットワークアダプタを通して共有していたのですが、これがWindows7に対応していないので、いろんな方法を考えたのですが、結局、7年も経過しているMP730を更新することにしました。更新後の機種は、CANONのMX870です。両面印刷ができるようになるので、基本的にはこれでほぼ足りるのですが、DVDのレーベル印刷ができないので、今あるCANONのiP4100を残すことになりそうです。

2010年4月20日火曜日

マンションのエコリフォーム

 我が家は、築22年になる。4年ほど前に、天井のエアコンを3台と給湯器、ガスコンロ、そしてお風呂をリフォームしたのだが、徐々にその他の場所が痛んできた。
 フローリングが徐々にはがれてきたりしたので、静床ライトでひとまずだましだまし使っている。最近のエコな環境と違い、窓もペアガラスではないので冷暖房の効果がイマイチだし、結露もすごい。水回りもだんだんと痛んできて、そのうちパッキン交換だけではすまなさそうな予感もある。
 そうなると、本格的にリフォームか、と思うのだが、マンションはいろいろな制約がある。
 窓をペアガラスにしようとすると、これが実は「窓は共有部」ということで簡単に交換はできない。だとするとどうするかと言えば、
【トステム】防音・断熱内窓/インプラス
みたいなものを使うことになる。使い勝手は落ちるだろうが、防音と断熱の効果は高そうだ。結露しないのも良い。
 オール電化にもしたいと思うが、これはかなり難しい。エコキュートの設置場所だ。ベランダは、これまた共有部ということでエコキュートを置くのは難しい。強度的にも大丈夫かどうか心配だ。
マンションのパイプシャフトにも設置可能な省スペース設計ゆとりをプラスしたコンパクトな310リットルスリム型を新発売 |ダイキン工業株式会社
こんなのも出てきているが、我が家では設置できなさそうだ。そうなると、やはりガス給湯で行くしかないのか。うーん、せっかくのリフォームなのにガスが残るのはいやだなぁ。
 床暖房も、電化したいのだが、エコキュートが使えないと選択の幅が小さくなる。まあ、それはしょうがないか。しかし、光熱費をおさえるにはオール電化。なんとかならないものか。じっくり研究することにしよう。

参考:
TEPCO : Switch!

2010年4月18日日曜日

オール電化

 「オール電化は、いいねぇ」と言いながら、うちのマンションはガスなのでオール電化にするのは難しいのです。
 そんな話をしながら、また変なことを考えつきました。
 皇室の男子だけが集まれば、「オール殿下」・・・「オールでんか」・・・
 失礼しました。

2010年4月17日土曜日

難聴良くなってきました

 難聴だと診断されてから、薬を飲み続けて1週間でほぼ回復。それから2週間分、薬の量を減らして処方してもらったのですが、以前と同様に回復してます。今度の金曜日まで薬をもらっているので、そこで受診すれば全快といきたいところです。
 しかし、こういうことがあると、あらためて気をつけようと思いますが、人間「喉元過ぎれば熱さを忘れる」と言いますからねぇ。

2010年4月5日月曜日

急性低音障害型感音難聴

 先週の木曜日から耳の聞こえが良くない、というか耳がふさがった感じ、耳抜きできてないような感じがしたので、金曜日に耳鼻科に行った。
 耳の検査をしたところ、低音の聞き取りが大きく低下しており、「急性低音障害型感音難聴」と診断された。錠剤と粉薬そして水薬を処方されたのだが、土日は、まあまあ、今朝になってやっと少し回復してきた感じがする。一応一週間分薬を処方してもらったので、今週もう一度診察を受けに行く予定。なんとか早く回復させたいが、ストレスが原因とも思われるので、少し無理しないようにしないといけない。
 もともと、片方の耳が悪いので、良い方の耳が調子悪いと大変なことになりかねないので気をつけていきたいと思うのです。

2010年3月30日火曜日

回復か?

 耳鼻科で処方された薬は、今日で終了。ほぼ完治したような感じですが、若干残っているような気もします。それでも、しばらく様子を見ることにしました。
 季節柄、耳鼻科は繁盛しているでしょうから、待ち時間もかかります。まあ、たぶん大丈夫。
 ついでに、目薬も今日で終了。目ヤニも出なくなったし、よかったよかった。
 やっぱり、健康って大切ですね。

2010年3月25日木曜日

回復しはじめました

 昨日、耳鼻科に行って薬を処方してもらったせいか、鼻水はだいぶ良くなりました。頭がぼーっとする感じもすくなくなってかなり楽です。
 それでも、まだ咳が出るのが困りもの。咳止めももらってるんですが、イマイチです。とくに深呼吸したときに息苦しいのと、それによって咳が出るのは、喘息のせいでしょうか?
 もし、1週間しても改善しない時は、もう一度行くようですね。
 しかし、薬の威力はすごい!

2010年3月24日水曜日

じびがべ、いっでぎまじだ

 あんまりはなが、ずびずびゆぶので、じびがべいっでぎまじだ。
 はなに、ぼうをさして、とおりをよぐじだので、すごじらぐでず。
 おぐずりも、もらっでぎだので、ぞれぼのんでやずびばず。
 はやぐよぐなでゅどいいのにだぁ。
 ぞででば、おやずびなざーい。

2010年3月22日月曜日

目と鼻が著しく不調

 このところ、朝起きると、目が目ヤニでふさがっていることが何度かあり、いったいどうしてしまったのだろうと思うことしきり。しかしながら、それだけではなく、鼻も鼻水が出続けて、その鼻水がのどへ流れ込んで夜中でも咳がとまらないことしきり。副鼻腔炎だとおもうのですが。
 これらは、花粉症の症状として認知されているものと非常に似ています。そして、私のアレルギー診断の結果は、杉花粉アレルギー。それでも、花粉症で目と鼻がおかしいとは言いたくないので、似た症状が出ているということにしています。
 しかし、咳はとまらず、目は真っ赤というのは、「いい加減、耳鼻科と眼科にいってこい」状態ですが、なかなか行く時間がとれずにそのままになっています。今週は時間を見つけていかないとだめかいなぁ、と思う今日この頃です。
 皆様は、この季節いかがお過ごしでしょうか。

2010年3月9日火曜日

銀座ライオン

 今日は、新橋で会議があったため出かけてきました。
 会議は、予定より少し早めに終わったので、元の同僚と一緒にちょっと寄っていこうということでビールを一杯飲んできました。
 銀座ライオン
 今日行ったのは、ここ。
 ぐるなび - ライオン銀座七丁目店 (2Fビヤレストラン)
 ブーツグラスで飲んできました。
 とは言え、銀座は高いねぇ。

2010年3月8日月曜日

お誕生会

 今日は、息子の誕生日だったのでケーキを買ってお祝いしました。
 ラゾーナ川崎で買ったのですが、このケーキは、川崎限定となっていました。
 パン・ケーキ専門店 - 欧州菓子工房ママン・ラトーナ -

 誕生日のプレゼントは、前に買ってあげたので、今日は追加で、「てれびくん4月号」でした。おかげで、付録の「天装合体!ゴセイグレート」を作るはめに。作成時間1時間超で苦闘しましたが、なんとか完成。子供の本の付録だからと甘く見てはいけませんね。

2010年3月7日日曜日

今日の昼食

 はるさめヌードル|商品ラインナップ|はるさめインフォメーション
 今日は、シーフードにしました。

 ファインゼロ サントリー
 150ml増量キャンペーンで買った500mlの缶を1本。

 水分を多量に摂取したので、満腹感120%といったところです。

Evernote日本語版

 すべてを記憶する | Evernote Corporation

 英語版で使っていたのですが、Evernoteの日本語版が出ました。
 Evernote日本版が登場――VAIOやスキャナーとも連携 - ITmedia +D モバイル

 PCでの利用はもちろん、私の使っているAndroid携帯HT-03Aでも使えるので重宝しています。
 いろんなメモをため込むのに使っていますが、あまり大量にため込むと、携帯では、データを取り出すのに手間がかかるので、管理方法をきちんと決めておくことが必要です。

 以前は、OneNoteを使っていたのですが、Evernoteを使い始めてからはもっぱらこれです。OneNoteも良いのですが、ネットワーク経由での情報共有という点ではEvernoteですね。
 Windows携帯の時は、OneNoteでリンクしていましたが、Windows携帯の使い勝手の悪さから徐々に使わなくなってしまいました。その後は、モバイルPCを持って歩いて、OneNoteのファイルをDropboxで共有して使っていましたが、Android携帯にしてからはPCを持って歩かなくてもほとんどのことができるようになりました。それもEvernoteがOneNoteの代わりをしてくれたおかげです。
 Evernote、ぜひお試しあれ。

確定申告

 季節は3月。確定申告の時期です。
 所得税(確定申告書等作成コーナー)|申告・納税手続|国税庁

 私は、サラリーマンなので源泉徴収されていますが、寄付と医療費の控除申請のため、例年この時期確定申告の作業をすることになります。家族が病気がちなので、医療費の控除申請のエビデンスが大量にあり、これを整理するのはなかなか大変です。今年は、妻があらかじめ整理してくれていたので楽に申請書類を作ることができました。
 しかしながら、e-Taxは、イマイチですね。
 【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)
 これを利用するまでの手間がかかる割に、使える機会が少ないので全体としてのパフォーマンスはあまり高くなさそうです。もっと普及させるには、いろんな場面で使えるようにする工夫が必要ですね。

 納税は国民の義務です。良い社会を築くためにちゃんと納めましょう。
 そして、その税金、大切に使ってほしいものです。

2010年3月1日月曜日

今日の昼食

ヘルシー定食
鯖の味噌煮
熱量681キロカロリー、塩分3.5グラム

2010年2月20日土曜日

タイヤ公園

西六郷公園(タイヤ公園)に行ってきました。
川崎からは、京急川崎駅から京急線の各駅停車に乗り、2つめの雑色駅で降りれば、雑色商店街を抜けてJRの踏切を渡ってすぐです。

公園では、たくさんの子供たちが遊んでいました。晴れていたので、みんな公園まで遊びに来たのですね。息子も、タイヤの間をあちこち歩き回りましたが、友達がいないので寂しくなったのか、ひとしきり遊ぶと帰りたいと言い出しました。公園の前にある自動販売機でジュースを飲んで一休みして帰ってきました。
帰り道で、雑色の商店街のおもちゃ屋さんにひっかかってしまい、来月の息子の誕生日プレゼントの先渡しで、おもちゃを買ってあげることになってしまいました。
 メモリガジェットシリーズ04 ビートルフォン | バンダイ | 商品情報詳細


より大きな地図で タイヤ公園 を表示

2010年2月17日水曜日

今日の昼食

ヘルシー定食
ホッケの開きと大根飯
670kcal,塩分3.6g

江ノ電

 昨日、都電荒川線に乗った勢いで、江ノ電を見てきました。川崎から東海道線で大船まで行き、湘南モノレールで湘南江の島へ。新江ノ島水族館へ行ったのですが、その途中江ノ電を眺めてきました。帰りには、定番の鳩サブレーではなく、江ノ電サブレーを買って昨日の都電もなかとのバランスを取りました(^^)

2010年2月15日月曜日

今日の昼食

ヘルシー定食
鯵の胡麻揚げ
690カロリー、塩分3.4g

今日は、寒いですが、明日はもっと寒いみたいです。ふー。

2010年2月13日土曜日

都電もなか

空から日本を見てみよう都電荒川線が放送されました。その中で、「都電もなか」が取り上げられていたので、早速買いに行ってきました。
都電もなか本舗 明美

川崎から京浜東北線で王子まで行って、都電荒川線で王子から梶原まで。約40~50分でした。
息子は、以前も王子から都電に乗っているのですが、今日聞いたら、「あれ?覚えていないよ」と言っていました。3歳の時に乗ったのだと思うのですが、忘れてしまったのですね。

今日は、雨模様だったので、傘をさして 都電もなか本舗 明美へ。お店には、2~3組のお客さんが来ていました。私は、化粧箱入りの16個を2つ買いました。途中、息子が「おしっこ」と言い出したので、お店のトイレを借りました。お店の後ろは、お菓子工場ですごい活気が感じられました。

帰りは、来るときの逆。息子は、京浜東北線の30分以上の乗車時間では飽きてしまって、「あといくつ」とずっと聞いていました。なんといっても、川崎からだと、東海道線と東北本線なので乗り換えが2回になってしまいます。ですから、京浜東北線1本で行った方が楽なのでそうしました。車で行くという手もありますが、高速料金やガソリン代を考えると、電車の方が安いですし、楽ですね。

もなかの外箱は、すごろくになっていて遊べるようになっています。中には、紙のサイコロも入っていました。もなかの味は、とてもおいしく、いくつでも食べられそうです。息子は、際限なく食べそうだったので、「2つまでね!」と念押ししたのですが、こっそり3つめを持ってきて食べていました。
このお店、他のお菓子もいろいろおいしそうなものがあったので、また行ってみたいと思います。

(2/14:もなかの写真を追加しました)