2009年11月17日火曜日

埒(らち)

 よく、交渉が堂々巡りになったりすると「埒(らち)が明かない」などといいますが、「埒(らち)」ってなんだろう?と思ったので調べてみました。
 もともとは、「かこい」や「しきり」だったのですね。それが転じて、「物事のきまった範囲」となるわけですな。ふむふむ。

らち【埒】の意味 国語辞典 - goo辞書

漢字の正しい筆順「埒」