2009年5月26日火曜日

妻が書道教室を開きたいというのですが

 妻は、長年書道を習ってきて、それなりの腕前なのだが、それを活かして、自分のこづかい程度は稼げないかと言っています。しかし、我が家はマンションで書道教室を開くことはできません。そうなると、どこか場所を借りて教室を開くことになるわけですが、毎日やるわけではないので、公共の場所を週1~2回借りて開催するといった形態になるのかと思います。

 さて、書道教室を開くとすれば、生徒さんを募集しなくてはならないので、何某かの宣伝広告が必要になります。また、教えるための道具も生徒さんに買ってもらえば良いだけでは済まないでしょうから、多少の準備が必要になります。その他にも必要経費はあるでしょう。

 そうすると、初期費用+月々の経費が必要で、生徒さんの月謝を考えると、損益分岐点は何人くらい教えるところになるか微妙です。書道教室を開いている方々は、ちゃんと黒字になっているのでしょうか?結構な人数を教えないと元がとれないように思うのは、私だけでしょうか。

 妻は、試行錯誤しながら、書道を生かす道を模索していますが、この競争の厳しい時代にどのくらいやっていくことができるのでしょうか。書道ビジネスに詳しい方のご意見を伺いたいものです。